[ボードゲーム] 今日から使えるボドゲ用語

ボードゲームで遊んでいると、独特な用語が用いられることがあります。
経験者ならばお馴染みの言葉であっても、まだまだ始めたばかりだと戸惑うことも多いでしょう。
そこで今回は、よく使われる用語を用例と合わせて紹介します。

今日から使えるボドゲ用語

インスト

ボードゲームを遊ぶ人間にとっては、ごく当たり前に使われる言葉です。
簡単に言うと、ルール説明ですね。

Instruction (教育、説明、取扱説明書)から来ているようです。

ボードゲームをするようになってから普通に使うようになりましたが、他のシーンで使うことはほぼありません。

用例)

このゲーム初めてなので、インストお願いします。
え? ……キミ誰?

○金

ボードゲームには、独自の単位が用いられていることが多いです。
たとえば、ケイラスならばドゥニエ、電力会社ならばエレクトロといった感じです。

しかし、多くのボードゲーマーは○○金(きん)と言い方をします。
これは何が発祥なのでしょうね。

用例)

収入フェイズなので、2金ください。
2金じゃなくて、2食料ね。

コンポーネント

ゲームに用いられる内容物のことです。
派手なコンポーネントのゲームは、見ているだけでワクワクします。

用例)

このゲーム、コンポーネント豪華だね。
うん。値段もそれなりにするからね。

トリテ

トリックテイキングというカードゲームのジャンルの略称です。
定義づけが難しく、議論になることもしばしばです。

カードを1枚ずつ出していって、勝った人がその場に出されていたカードを取る、といったゲームです。
トランプゲームの中にも、数多くのトリテがあります。
(参考書籍:トランプゲーム大全

非常に好みが分かれるジャンルで、熱愛する人と、毛嫌いする人がはっきりと分かれます。

用例)

だから、トリテは嫌なんだよ。
俺の悪口はいい。しかし、トリテを悪く言うのは止めろ!

重い・軽い

一般的にボードゲームで重いといった場合、長時間かかるゲームを指すことが多いです。

これもまた定義づけが難しい言葉で、ルールが複雑なものを重いと言ったり、物理的な重さがあるものを重いと言ったり、議論になることが多いです。

たとえば、アグリコラなどは、ゲーム始めたての人にとっては「重い」とされることが多いですが、ある程度の経験者だと特に「重い」と感じられなくなってきます。

逆に、短時間で終わるゲームは軽いと言われます。

用例)

ケイラスは、ちょっと重いよね。
(フッ)

アブストラクト

辞書的に考えると、Abstract(抽象的な)という意味になりますが、一般的には物語性がなく、運要素がないゲームのことを指します。

そういった意味では囲碁やオセロなども、アブストラクトゲームと言えます。

用例)

えー、俺アブストラクト苦手なんだよね。
(俺はお前が苦手だよ)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ボードゲームを嗜んでいる人ならば、どれも当たり前の言葉だと思いますが、こうして改めて見てみると、ほぼボードゲーム以外で使うことはありませんね。

そのため、ボードゲーム初心者にとっては、最初意味が分からないものも多いと思います。

これらの用語をマスターし、ボードゲームライフをエンジョイしましょう!

まだまだいろいろな用語があるので、機会があればまたご紹介します。

駿河屋で人気のボードゲームをチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)