[映画] ザ・ゲーム

ほとんど毎日のようにhuluで海外ドラマを観たり、映画を観たりしています。
今回の「ザ・ゲーム」は何の前情報もなく、タイトルとあらすじに惹かれて観てみた作品です。

あらすじ

なかなか小説を書くことができず、ギャンブルにはまっていくキャロリンが主人公です。
しかし、それぞれの登場人物にストーリーがあり、群像劇的な要素が強いです。

カジノで貯金を失い、何とかして取り戻したいキャロリン。
妻のキャロリンが浮気をしているのではないかと心配な夫。
元は売れっ子だったが今は落ちぶれてしまった手品師のウォルター。
ノミ屋に借金があり、バスケ選手の弟にいかさまを頼むクライド。
ノミ屋殺しの犯人を追う刑事。
地下世界の帝王であるアイヴァン。
アイヴァンの手下で力をもつヴィクター。

これらの人物がバスケの賭け試合を主軸として、いろいろな関わりをもっていきます。

感想

てっきり騙し合いのようなストーリーなのかと思ったら、そんなこともなく、割と王道的な展開です。
いろいろワケありな人物が一発逆転を目指すという感じです。

淡々と進むため、盛り上がるようなシーンも少ないです。

オチもあることはあるのですが、「やられた」と思わせるようなひねりがあるわけでもありません。
むしろ個人的には「うーん」という感じでした。
伏線が活きてくるという感じでもありません。

また、ほとんどの人物が救いのない終わり方をします。
賭け方を誤った結果であり、自業自得ともいえるかもしれませんが、その辺りにカタルシスを求めると、肩すかしを食らうかもしれません。

ギャンブルをやると、ろくなことにならないというのが、よく分かる話といえます。

決して面白くないストーリーではないのですが、どこか古さを感じさせるデキで、手放しで「これ面白いよ」と人に勧められるような映画ではありません。

俳優は、見覚えがある人が多かったので、キャストとしては豪華なのかもしれませんね。
映画にそこまで詳しくないので、名前まではよくわからないのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)