[映画] パージ

年に1度、12時間だけすべての犯罪が合法になる日。アメリカ国民はその日に日頃溜まった鬱憤を晴らすことで犯罪率や失業率が1%まで低下していました。この映画はそんなパージの日に、ある一家を襲った事件の物語です。

パージについて

2022年、経済が崩壊してしまったアメリカは、安定を維持するためにパージという法律を定めました。年に1度12時間だけすべての犯罪が許されるのです。これにより普段の生活が安定したため、多くの富裕層はパージを肯定していました。

パージは完全なセキュリティを築ける富裕層にはさほど問題ではなく、ターゲットとなったのは貧困層だったからです。そのため、ホームレスが減り、それが失業率の低下につながっていました。

ジェームズはセキュリティのセールスマンとして裕福な生活を送っており、パージ当日も万全なセキュリティで迎えました。しかし、彼の息子が、外で助けを求めていたひとりの男性を家に招き入れてしまいます。

それにより平穏のまま過ごすはずだった夜は恐ろしい夜へと変わってしまいます。

ネタバレと感想

アイディアとしては面白いのですが、結構先が読める展開です。

かくまった男は実はパージの対象となっており、それを粛正するため人々が襲ってきます。男を差し出せという集団の申し出に対し、初めは家族を守るためにそれを受け入れたジェームズでしたが、息子や妻の言葉を受け、男を差し出すのをやめます。

それにより、暴徒と化した集団と家族の戦いとなります。何とか善戦しますが、ジェームズは命を奪われます。

残された家族も凶暴な集団に追い詰められますが、すんでの所で隣人たちに助けられます。

しかし、今度はその隣人たちが家族を襲います。彼らは自分たちにセキュリティを売りつけて儲けているジェームズ一家を良く思っていなかったのです。

今度こそ絶体絶命というところで、かくまった男により家族は助けられます。

命を奪われそうになった妻でしたが、それでも隣人を殺すのを拒み、彼らを殺すことなくパージが明けるのを待ちます。

それで映画は終わりです。

これを言っては元も子もないのですが、息子の言動がいちいち気に触ります。家族が危機に陥るたび「お前が何もしなければ家族もこんな目に遭わずに済んだのに……」と思わずにいられません。そもそも幼い息子がセキュリティの暗証番号を知っていることも気になりました。

大まかにいえば、1度は殺そうとして助けた男に結局救われるというオーソドックスなストーリーです。ただ、主人公であるジェームズが亡くなったのは少し予想外でした。

同じ設定で登場人物が違う「パージ:アナーキー」という映画もあるようなので、機会があれば見てみたいと思います。

原題も「THE PURGE」でそのままです。purgeとは、粛正する、洗い清めるといった意味です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)