[映画] アンフレンデッド

アンフレンデッドは2015年に公開されたホラー映画です。全編がFacebook、Skype、GmailといったSNSのPC画面だけで展開する新感覚の映画になっています。

アンフレンデッドについて

ブレアとミッチのカップルはSkypeを通して会話を楽しんでいました。そこにジェス、アダム、ケンといった友達が加わり、グループ会話になります。

とりとめのない話をしていた彼らでしたが、気づくと彼らのグループに死んだはずの友達であるローラのアカウントが加わっています。

誰かの悪ふざけかと思いきや、次々とおかしなことが起こりだし、彼らはだんだんと恐ろしくなってきます。

そして、ローラは彼らにあるゲームをしようともちかけます。それは彼らの命を賭けた恐ろしいゲームでした……。

ネタバレと感想

全編PC画面で進むので、ネットをやっている人にはお馴染みの通知がいろいろ出てきます。そのため、ある程度英語が分かった方が楽しめます。もちろん字幕はでるのですが、人物のセリフ、通知、画面のテキストと混ざりあうので、どれがどれなのか混乱してしまいます。

ローラはネットにあげられた動画が原因で自殺しています。その原因となったのが彼らというわけなのですが、他にもさまざまな秘密が次々に暴露されていきます。

オチに触れると「実は誰かが仕組んでいた!」というものではなく、本当に心霊現象なので、大きなどんでん返しが起こる訳ではありません。怪奇現象は怪奇現象のまま終わります。

やはり見所は全編がPC画面で展開するというところです。

Skypeが動画なので、いろいろな場面が映るものの、基本的には同じPC画面のワンカットです。リアルタイムでさまざまなことが起こっていく様はSNS時代にとてもマッチしています。

ゲームの結果、彼らはいろいろな死に方をするのですが、その辺が多少ショッキングなので、グロいのが苦手な人は注意です。

ちなみにunfriendedの意味は「友のない、助けてくれるもののない」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。