[トランプ] Welcome to the Club

Welcome to the Clubはトランプを使った4人用のトリックテイキングです。2つのうち、どちらかの条件を満たすとディールが突然終了します。また、トリックを取った場合、リードするのは右隣という変わったルールになっています。こちらもTTP賞応募作品のひとつです。

Welcome to the Clubについて

使用するカードはジョーカーを抜いた通常のトランプ52枚です。ランクはAが一番強く2がもっとも弱いです。カードは配りきりなので、手札は13枚です。

最初のリードはディーラーの左隣で、切り札がクラブ固定のマストフォローのトリックテイキングです。ただし、以降のリードはトリックを取った人の右隣が行います。

次の2つのうち、どちらかを満たすとディール終了です。

1.全員が最低1トリック取る。

最後のトリックを取った人は終わった時点のトリック数分の点数を得る。(5トリック目ならば5点)
他の人は自分が獲得したトリック×2点を得る。

2.誰かが4トリック取る。

4トリック取ったプレイヤーは達成者となり、もう1トリック行う。

a. そのトリックを達成者が取った場合、達成したトリック数+1点。(5トリック目で4トリックを達成していたら5+1で6点)
他の人は自分が獲得したトリック数の点数を得る。ただし、1トリックも取っていない場合、マイナス1点。

b.そのトリックを達成者以外が取った場合、達成者は0点。
他の人は自分が獲得したトリック数の点数を得る。ただし、1トリックも取っていない場合、マイナス1点。

これを4ディール行い、もっとも合計点が高いプレイヤーがゲームに勝利します。

高得点を目指すか無難に終わらせるか

ディールの終了条件がちょっと変わっているため、理解するまでちょっと混乱します。

高得点を目指すならば達成者となるのがいいのですが、その次のトリックが勝てないと台無しになってしまいます。通常のトリックテイキングと違い、右隣の人がリードするというのがミソで、自分が有利なスートでリードできないため、勝つのはなかなか難しいです。

終了条件が2つあるため、予期せぬタイミングで終わってしまうのも、不思議なプレイ感です。

今回4ディールやってみたのですが、なかなか立ち回り方法が分かりませんでした。それから当然といえば当然なのですが、トリックを取った人がそのままリードしてしまうというシーンが何度かありました。これはトリックテイキングに慣れている人ほどやってしまいがちなミスでしょうね。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。
ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。
最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。
他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。