[アニメ] 残響のテロル

ノイタミナ枠で放映されていたアニメです。
録画したままだったのをまとめて一気に見ました。

話のあらすじ

「ナイン」と「ツエルブ」の2人の少年は、スピンクスと名乗りテロ行為を行います。
動画による予告をし、警察を翻弄しながら、さまざまなところで爆破を行っていきます。

また、彼らは高校で三島リサという少女と会い、あることがきっかけで行動を共にすることになります。

元捜査一課である柴崎は動画の謎を解きつつ、スピンクスたちのテロ行為の意図を考えます。

そこにハイブという少女がアメリカから加わります。
ハイブはナインたちと馴染みがあり、警察に圧力をかけながら、執拗にナインを追い詰めようとします。

果たして、ナインとツエルブがテロを行う本当の目的とは?
そして、彼らは一体何者なのでしょうか。

感想(多少のネタばれ含む)

非常にきれいなビジュアルです。
印象に残るカットも多く、音楽も素晴らしいです。

ストーリーも徐々に謎が明らかになっていく展開で、ナインやツエルブなどのキャラクターも魅力的です。

後半まで見続けていると、浦沢直樹のモンスターが思い浮かびます。

ストーリーが似ているわけではないのですが、ある設定がかなりそのままです。
恐らくモンスターを読んだことがある人は、それについて思い当たったと思います。

一通り見終わった感想は
「2時間ものの映画のようだな」
というものです。

恐らくエピソードを端折っていけば、十分にきれいにまとまると思います。
最後に事件から1年後のエピソードが少し加わるのも、いかにもそれっぽいです。

また、個人的に引っかかったのは三島リサの存在です。
今作でいえば、ヒロインにあたるわけですが、あまりその存在価値が見いだせませんでした。

特に大きく役立つ訳でもないし、むしろいない方がいろいろなことがスムーズに回ったような気がします。
もちろん、それだとストーリーに起伏がなくなってしまうということも分かりますが。

目立った特徴があるわけでもなく、優れた能力があるわけでもありません。
学校でいじめられていて、何とか現状を抜け出したいと思い、仲間に加わるわけですが、ほぼ足を引っ張るだけで終わってしまいます。(ハイブからも同様に言われています)

等身大の女子高生ということで、一定の層から支持を得られるのでしょうか。

全体を通してみると、普通に楽しめはするものの、物語がちょっとイマイチかなと感じる作品でした。
ただビジュアル的なセンスがすごく感じられるものなので、そういうのが好きな人にはおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)