[ボードゲーム] ZOMBICIDE(ゾンビサイド)を購入しました

Twitterやいくつかのサイトを見ていて気になっていたZOMBICIDE(ゾンビサイド)を購入しました。
せまりくるゾンビたちに、さまざまな武器で立ち向かいつつ、生き残りを目指すゲームです。

ゲームの流れ

ゲームはプレイヤーフェイズとゾンビフェイズを繰り返して行います。
ゾンビフェイズは処理が自動で行われるため、誰かがゾンビを担当するという必要はありません。

1~6人まで遊べることができ、
1人の場合は、4キャラクター
2人の場合は、3キャラクター
3人の場合は、2キャラクター
4~6人の場合は、1キャラクター
と遊ぶ人数によって、担当する生存者の数が異なります。

プレイヤーフェイズでは、移動や捜索、戦闘などを行います。
捜索することで、新たな武器を探すことができるのですが、見つかるのは武器ばかりではなく、水や米などの食糧が見つかる場合もあります。

各キャラクターは、それぞれスキルをもっています。
また、ゾンビを倒すごとに経験値が入っていき、一定の経験値がたまると、さらに新しいスキルを覚えていきます。

ただし、経験値がたまると同時に危険レベルもあがるため、よりゾンビが出てきやすくなります。

このゲームでは、ミッションが用意されており、それにより達成すべき目標が異なります。
ルールには10のミッションが記載されていますが、WEB上に追加ミッションが相当量公開されています。

ゲームの魅力

まず目を引くのはフィギュアの数です。

グレイカラーのゾンビフィギュアが60体以上入っています。
また、プレイヤーが担当するキャラクターのフィギュアはそれぞれ色が異なります。

いろいろなブログを見ていると着色している人も多いようですね。
確かにその方が気分が盛り上がりそうです。

このフィギュアがマップ上にワラワラと沸いてくるのですから、否が応でも盛り上がります。

ミッションのバリエーションも豊富で、45分程度でできるものから180分ほどかかるものまであります。
さらに3段階の難易度があるため、経験にあわせてステップアップしていくことも可能です。

一般的なゲームと異なり、このゲームはプレイヤー同士で勝敗を決めるものではありません。
みんなで協力して目標を目指すことになります。

ルールは慣れるまではちょっとかかりそうですが、シンプルなシステムなので誰か説明できる人がいればスムーズに展開できそうです。

140710_2

参考サイトなど

購入にあたって、参考にしたサイトをいくつかご紹介します。

死霊のニコ動
和訳ルールを公開しています。
これを読めばどんなゲームかがつかめるので、気になった方はダウンロードしてみるといいかもしれません。

The Game Gallery
カードサイズのプレイヤーリファレンスを公開しています。
慣れるまでは、これを各自もっておくと便利です。

俺ビュー
ルールサマリーを公開しています。
装備カードの和訳があるのが助かります。

他にも検索をしみると、さまざまなサイトで紹介の記事を見つけることができます。
わたしも遊んでみてからプレイ記事を書く予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)