ボードゲーム

[ボードゲーム] ドラフト 特集

ボードゲームのメカニズムの1つとしてドラフトがあります。ドラフトにもブースタードラフト、ロチェスタードラフトなどいろいろありますが、今回は多くの人がイメージする「1枚取って次の人に渡す」ドラフトを採用しているゲームを紹介します。

世界の七不思議

ドラフトのボードゲームと聞いて、多くの人がイメージするのが、この世界の七不思議でしょう。

プレイヤーはいずれかの世界の七不思議を担当して、3時代を戦い抜きます。

複雑な処理はなく、同時に7人までプレイできる上、人数が増えてもプレイ時間はさほどかからないという特徴があり、遊びやすいゲームです。

基本を遊び尽くしたならば、指導者たち、都市、バベルといった拡張を加えることで、新鮮な気持ちで遊ぶことができます。

2人用の世界の七不思議デュエルもありますが、こちらは場にあるカードを交互に取っていく、ロチェスタードラフトになっています。

[ボードゲーム] 世界の七不思議 紹介世界の七不思議(7WONDERS)はカードドラフトによって時代を築いていく3~7人用のゲームです。文明を築くゲームの中では時間もかからず...

あやつり人形

ドラフトと聞いて、こちらを思い浮かべる人も多いかもしれません。

役職を1枚ずつ選んでいき、順番にアクションを実行していきます。

暗殺者に手番を飛ばされたり、泥棒にお金を盗まれたりするのですが、誰がどの役職かはあとになるまで分からないため、不発の可能性もあります。

こちらも元々は8つの役職でしたが、拡張でかなり種類が増えています。

運が悪いと連続して手番がなかったりするので、なかなか人を選びます。

[ボードゲーム] あやつり人形 紹介あやつり人形は中世の建築士として、建造物を建てていく2~7人用(新版は2~8人)のゲームです。キャラクターカードをドラフトして、カードの...

フィールドオブグリーン

農業をテーマにしたゲームで、畑や家畜、施設、建物といったカードをドラフトしていきます。

獲得したカードはどんどん自分の場につなげていくので、かなりのスペースが必要になります。上手く水を供給しないとカードが裏返ってしまうため、計画立ててカードを置いていく必要があります。

カードをプレイする以外のアクションもあるため、欲しいカードがなくても割と何とかなるのもポイントです。

どこに何を置くかがパズルチックなので、そういった要素が好きな人にもオススメです。

[ボードゲーム] フィールド・オブ・グリーン 紹介フィールド・オブ・グリーンは農業をテーマにしたゲームです。プレイヤーは脱サラした農家として政府の援助を受けながら農場を発展させていきます...

ペーパーテイルズ

国産ゲームのヴォーパルスのリメイクです。

ドラフトによってユニットを揃えて、自分の王国を発展させていきます。経年という要素があり、一定のターンが過ぎるとユニットが取り除かれてしまうため、その辺を念頭に置いてカードを置いていく必要があります。

前衛2枚、後衛2枚の合計4枚だけを配置するので、情報量がそれほど多くないのも遊びやすいです。

永続効果がある建物などもあり、どの順番でカードを出していくかが悩ましいゲームです。

こちらも拡張が出ています。

[ボードゲーム] ペーパーテイルズ 紹介ペーパーテイルズは2~5人用のカードゲームです。ドラフトによってユニットを雇用し、建物を建て、自分の王国を作り上げていきます。国産ゲーム...

ふたつの街の物語

タイルをドラフトして、隣の人と協力して街を作っていきます。

右隣の人との街、左隣の人との街といった感じで、全員が2つの街を作っていきます。ゲーム終了時に2つのうち、得点の小さい方が自分の得点になります。

話し合って街を作り上げるのに、勝者は1人だけという、かなり変わったゲームです。

基本では4×4マスの街を作り上げますが、拡張を入れると5×5になり、要素も増えるのでさらにバラエティ豊かな街ができあがります。

[ボードゲーム] ふたつの街の物語を初プレイした感想ふたつの街の物語は1~7人用のタイルを配置して街を作り上げるゲームです。両隣それぞれのプレイヤーと協力しながら街を組み立てるのですが、協...

Improvement of the POLIS

古代ギリシャを舞台として、それぞれの文明を発展させていくゲームです。
初期手札をドラフトしてからゲームを開始します。

同じ構成のアクションカードを各自が持っており、それを選ぶことでアクションを実行します。ただし、カードには数字が割り振られており、それ以上のダイス目が必要になります。ダイスによってアクションが制限されるため、ほどほどに運要素があります。(目の修正は可能です)

カードは文字だけでそっけないですが、ここまでの要素をよくぞここまでまとめたものだと感心しました。

近々、製品化されるので、どのように変化しているのか期待です。

[ボードゲーム] Improvement of the POLIS 紹介Improvement of the POLISは、慶應義塾大学のボードゲームサークルである、Head Quarter Simulati...

キーフロウ

春、夏、秋、冬の4ラウンドにわたって、自分の村を発展させていきます。

カードは資源を生産するもの、資源を運搬するもの、資源を得点化するもの、ゲーム終了時に得点になるものなどさまざまです。

同じようなゲームにキーフラワーがありますが、あちらは競り+ワーカープレイスメントだったのに対して、こちらはドラフトだけのため、かなりプレイしやすくなっています。

キーフラワーと違い、人数によってプレイ時間が変わらないのもポイントです。

[ボードゲーム] キーフロウ 紹介キーフロウは春、夏、秋、冬の4ラウンドにわたって自分の村を発展させていく2~6人用のゲームです。ドラフトによって村カードやアクションを実...
[ボードゲーム] ドラフトの種類についてボードゲームの中にはドラフトすることで、カードを選択するものがあります。そのため、ある程度の経験者だと普段から普通に使いますが、実はボー...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。