[グルメ] 激辛と評判のカップ麺 蒙古タンメン中本の北極ラーメンを食べてみました

タンメンで有名なラーメン店「中本」と、日清食堂が共同で開発したカップ麺が、現在セブンアンドアイグループで販売されています。
近くのセブンイレブンに行けば、大量に入荷している可能性が高いです。
ものすごく辛いという話を見かけるので、どれほどのものかと思い、買ってきて食べてみました。

辛さに対する耐性

わたし自身、辛いものは得意です。
ココイチの辛さ10倍なども、ほとんど抵抗なく食べたことがあります。
以前、激辛のラーメンを食べたときは、匂いをかいだ周りの人がむせていましたが、完食しました。

いくつかの記事を読むと、この北極ラーメンの辛さは相当らしいので期待が高まります。

140719_2
サイズは一般的なカップ麺のサイズです。
カップヌードルを思い浮かべてもらうと、わかりやすいでしょう。

この大きさながら、5分間待たなければなりません。
辛味の決め手となる「辛味オイル」がついています。

140719_3
中はわかりやすく真っ赤で、いかにもな雰囲気です。
開けた瞬間に辛そうな匂いが漂います。

140719_4
お湯を入れて5分待ち、辛味オイルを投入。
よくかき混ぜます。
湯気とともに、辛さが立ち上がってきます。

いざ北極ラーメンに挑戦

まず、一口目。

「ん?」

確かに辛いです。
しかし、苦痛に感じるほどのレベルではありません。

経験上、辛さのレベルが上がってくると、「痛い」「苦い」といった感覚になるのですが、決してそのようなことはありません。単に「辛い」といったレベルです。

もっと言うならば「激辛」といった感じでもありません。

「え? こんなもん?」

正直、期待外れでした。

後から辛味がくるタイプなのかなと思って、そのまま食べ続けたのですが、そういう感じでもありません。

140719_5

辛さが固まっているのかもと思い、スープも飲み干してみましたが、なんてことはありません。
(ちなみにいつもはスープは飲み干しません)

はっきり言って辛いもの好きな人にとっては肩すかしのレベルだと思います。

もちろん市販されるものですから、辛さに限度はあるのでしょうが、これを極限の辛さと表現するのは過言だと思います。

自分の辛さに対する感覚がもはや普通ではないのかもしれませんが、一般の人が食べたら「激辛」と感じるものなのでしょうか。

実際に食べた人がいたら、感想を聞きたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)