トランプ

[トランプ] ヤニブ

Yaniv

ヤニブは2人~8人まで遊ぶことができるトランプゲームです。カードをプレイして、手札の合計点数が5点以下になれば「ヤニブ」を宣言します。全員が手札を公開して、もっとも合計点数が低いプレイヤーの勝利です。

ヤニブ(YANIV)について

使用するカード

通常のトランプにジョーカー2枚を加えた54枚。

多人数で遊ぶ場合は、それを2組。

カードの得点

ジョーカー 0点
A 1点
2~10 数字通りの点数
J・Q・K 10点

ゲームの流れ

カードをシャッフルして各プレイヤーに5枚ずつ配ります。

残りは山札です。その上から1枚をめくり、山札の隣に公開しておきます。これが最初の捨札の山になります。

スタートプレイヤーから時計回りに手番を行います。

手番では以下の2つのうち、いずれか1つを実行します。

  • 通常のプレイ
  • ヤニブの宣言

通常のプレイ

手札からカードをプレイして、その後、1枚を補充します。

プレイの仕方は以下のいずれかです。

  • 好きなカード1枚
  • 同じランク(数字)のカード2枚以上
  • 同じスートの連番3枚以上

連番の際、ジョーカーを好きな数字として使うことができます。また、KとAはつながりません。

カードの補充は、山札の1番上か、自分の直前にプレイされたカードから1枚を手札に加えます。3枚以上のカードがプレイされていた場合は、両端のどちらかから取ります。

ヤニブの宣言

カードをプレイする前の段階で、手札の点数の合計が5点以下だった場合、ヤニブを宣言することができます。

ヤニブを宣言するとプレイ終了となり、全員が手札を公開します。

得点

手札の合計点数を比較します。

ヤニブを宣言したプレイヤーが単独で最小だった場合、他のプレイヤーは手札の合計点数だけの得点を得ます。ヤニブを成功したプレイヤーは合計点数に関わらず0点です。

同点、またはそれ以下のプレイヤーがいた場合、ヤニブを宣言したプレイヤーは手札の合計点数+30点を得ます。他のプレイヤーは手札の合計点数の得点を得ます。

獲得した得点の累計がちょうど50点になった場合、25点に減ります。
同様にちょうど100点になった場合、50点に減ります。

ゲームの終了

誰かの累計得点が101点以上になったならばゲーム終了です。

もっとも得点が低いプレイヤーの勝利です。

201点以上になったプレイヤーがゲームから抜け、最後まで残ったプレイヤーの勝利というルールもあります。

手軽に楽しめるトランプゲーム

トランプのヤニブ

どこでヤニブを宣言するかが悩ましいゲームです。失敗してしまうと大きなペナルティがあるため、相手の状況をよく見定めなければなりません。

通常ルールでは合計が5点以下でヤニブが宣言できますが、何点であっても宣言できるルールもあります。それはそれで面白そうな感じもしますね。

今回は2人で2回ほど遊んでみました。

1戦目は20分ほど、2戦目は40分ほどかかりました。1戦目は113対7と、ほぼストレートで負けたため、かなり決着が早かったです。

手札を出し切るゴーアウト系のゲームはいろいろありますが、ヤニブはその後で必ず1枚引かなければならないのが特徴です。上手いこと手札が0枚になっても、その後に引いた1枚が6以上だとヤニブが宣言できません。この辺りが何とももどかしくて面白いです。

2だから絶対に勝てるだろうと思ってヤニブ宣言をしたのに、相手も2だったときはかなり盛り上がりました。

ルールも簡単なので、家族や友達とぜひ遊んでみてください。

トランプ屋さんのブログでサマリーシートが公開されています。
ゲーム紹介-ヤニブ | トランプ屋ブログ

トランプゲームのまとめ
トランプゲーム一覧(63種類)現在、サイト上で紹介している主なトランプゲームの一覧です。 ルールの難易度を5段階で表しています。(最終更新日2021年04月10日)...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。