トランプ

[トランプ] 44A(ササキ)紹介

44A(ササキ)は2対2のチーム戦で遊ぶ大富豪系のゲームです。チーム戦ですが、味方が誰なのかはゲーム中に判明します。正体隠匿チーム戦大富豪といった感じで、主に北朝鮮で遊ばれているようです。

44A(ササキ)について

使用するカード

通常のトランプから2とジョーカーを抜いた48枚。

カードの強さ

 A K Q J 10 … 4 3 

ゲームの流れ

12枚ずつカードを配ります。配られたカードによってチームが決まります。

ダイヤの10とハートの10を持っている2人と、それ以外の2人にチームが分かれます。もし、1人でどちらのカードも持っていた場合は1対3での戦いになります。

この時点では、誰と誰がチームなのかは分かりません。口外も不可です。

リードプレイヤーは朝と夜で異なります。

朝の場合はハートの3、夜の場合はスペードの3を持っている人からカードを出します。

カードの出し方

基本

ワンカード 1枚のカード
ツーカード 同じ数字の2枚
ストレート スートを問わない3枚以上の連番
(Aと3はつながらない)

リードプレイヤーが上記の組み合わせでカードを出し、以降のプレイヤーは同じ出し方でより強いカードを出していきます。

カードを出したくない、または出せない場合はパスができます。

これを自分以外の3人がパスをするまで繰り返します。自分以外が全員パスをしたら、今度は残った人がリードプレイヤーになります。

特殊な出し方

以下の出し方は基本の出し方を無視して出すことができます。
下に行くほど強い組み合わせです。

他のプレイヤーは同じ組み合わせでより強い数字か、より強い組み合わせを出す必要があります。

トリプル 同じ数字3枚
44A(ササキ) 4が2枚とAが1枚
フォーカード 同じ数字4枚
ぶた(テジ) ダイヤの10とハートの10
黒ぶた(フクテジ) スペードの10とクラブの10

「ける」と「さす」

ける リードがワンカードのとき、同じ数字を2枚出すことでそのまま勝負を終わらせて次のリードプレイヤーになります。
さす 誰かが「ける」をしたとき、残り1枚の同じ数字を出すことで勝負を終わらせて次のリードプレイヤーになります。

「走る」と「止まれ」

走る 手札が配られたらダイヤの10かハートの10を公開します。
パートナーも対応するカードを出しチームが判明します。
この際、終了時の得失点が2倍になります。
止まれ 「走る」が行われたときに、敵チームが宣言できます。
終了時の得失点が4倍になります。

これを手札を残している人が1人になるまで続けます。

得点計算

2対2の場合

1位と2位 各プレイヤーが相手チームから2点を得ます。
1位と3位 各プレイヤーが相手チームから1点を得ます。
1位と4位 得失点なし
2位と3位 得失点なし
2位と4位 各プレイヤーが相手チームに1点を渡します。
3位と4位 各プレイヤーが相手チームに2点を渡します。

1対3の場合

1位 相手チームから2点ずつもらいます。
2位 3位 得失点なし
4位 相手チームの3人に1点ずつ渡します。

正体隠匿チーム戦大富豪

トランプのササキ

ルールがいくつか不明だったので(初期点が何点か、ける/さすが他のカードを挟んだあともできるかなど)、適当にハウスルールを設けて遊んでみました。

紹介にもあった通り、簡易版のティチューといった感じで気軽に遊ぶことができます。

ルール上、パートナーを勝たせるように動くのは難しいので、正体隠匿要素は「2対2か1対3か」を隠すぐらいの要素かなと感じました。

朝と夜でリードプレイヤーが変わるというのは初めてでしたね。

ける/さすの要素もなかなか独特です。大富豪でいうところの「8切り」みたいな感じですかね。

特に難しいルールはないので、手軽に遊べるチーム戦のトランプゲームとして重宝しそうです。

大富豪系のゲームが好きな人にオススメ!
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。