[トランプ] WHO’S WHO

WHO’S WHOはトランプを使った3人用のトリックテイキングゲームです。1対2で争うのですが、誰が味方なのかはプレイ中に判明します。作者は99やミニミゼール、アゴニーアントのデヴィッド・パーレット(David Parlett)です。

WHO’S WHOについて

使用するカード

通常のトランプから2、3、4を抜きます。

ジョーカーを2枚使用するので、合計42枚です。

カードの強さ

 A K Q J 10 … 6 5 

ジョーカーは特殊なため後述します。

ゲームの流れ

ディーラーが各プレイヤーに14枚ずつカードを配ります。

2人のプレイヤーが1枚ずつジョーカーを受け取ったら、その2人がパートナーとなり、残った1人がソロイストです。

もし、1人で2枚のジョーカーを受け取ったならばその人がソロイストとなり、残り2人がパートナーです。

ジョーカーを持っているかどうかは言ってはいけません。

ディーラーの左隣からリードを行います。切り札なし、マストフォローのトリックテイキングですが、トリックに勝つのは2番目に強いカードです。もし、誰もリードスートをフォローできなかった場合は、リードしたカードが勝ちます。

ジョーカーでリードはできません。そのため、基本的にはリードスートをフォローできないタイミングでしかプレイできません。

もし、トリック中にジョーカーが1枚プレイされた場合、ジョーカーをプレイした人が、そのトリックを獲得するか、2人のうちどちらかに獲得させるかを選べます。その場合、獲得した人が次のリードを行います。

もし、トリック中にジョーカーが2枚ともプレイされた場合、ソロイストがトリックを獲得するか、2人のうちどちらかに獲得させるかを選べます。

ソロイストの目的は獲得トリック数が真ん中(単独で2位)になるか、パートナーの獲得トリック数を同数にするかです。

ソロイストが目的達成した場合、(10+獲得トリック数)点を得ます。失敗した場合は、その点数が残り2人に入ります。

これを繰り返し、誰かが100点に達するとゲーム終了です。

このトリックは取ってもいいのか……?

Who’s who #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


たまにある、手札を確認しても、いい手札か悪い手札か分からないタイプのゲームです。

単純にトリックを取る、または避けるというゲームではないので、みんなのトリック数を見ながら調整していく必要があります。

変わっているのが2番目に強いカードが勝つというところで、初プレイではすっかりそれを忘れていて2ディールほど、普通に1番強い人がトリックを取っていました。

やり始めると、だんだんとゲームの意味が分かってきて「今回は取りにいった方がいい」「今回はあの人に取らせよう」という方針が決まってきます。

いずれの場合も、あまり取りすぎるのはよくないので、Aと5が同じトリックに出されることがよくありました。

3人専用の上、かなり独特なゲームなので人を選びますが、「変わったトリックテイキングを遊んでみたい」という人は、一度遊んでみてはいかがでしょうか。

参照:WHO’S WHO:David Parlett’S ORIGINAL CARD GAMES

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)