トランプ

[トランプ] 大富豪 2人用ルール

お馴染みのトランプゲームの大富豪を2人用にアレンジしたルールです。山札があり、パスしたときにカードを引くのが特徴です。考案したのはTwitterのフォロワーでもあるカズマ(@_kazuma0221)さんです。
※文末に元のツイートを引用しています。

大富豪 2人用ルールについて

使用するカード

通常のトランプから3~6を抜き、ジョーカー2枚を加えた38枚。

ジョーカーは区別がつくものを使用すること。

カードの強さ

 ジョーカー(色あり) ジョーカー(色なし) 2 A K Q J 10 9 8 7 

ゲームの流れ

一度に4枚ずつ配り、手札を16枚にします。

残りの6枚は山札として2人の間に置いておきます。

適当な方法で先手を決めます。カードの出し方は以下の3通りです。

  1. 1枚出し。
  2. 2~4枚の同数出し。
  3. 3枚以上の連番。(スートを問わない)
    ※ジョーカーは2の上につながらない。

以降は必ず同じ組み合わせで、より強くないと出せません。

ジョーカーは②③で使用する場合、好きなカードの代わりに使うことができます。

革命

同数4枚出し(ジョーカーを含めても良い)で革命が起こります。

以降はカードの強さが逆転し、7が最強で2が最弱になります。ただし、ジョーカーは依然としてその上の強さです。

再び革命が起こるまで、強さはそのままです。

カードが出せない、または出したくない場合はパスをします。

その場合、それまでに出されたカードをすべて捨て、山札が残っていればパスをしたプレイヤーが1枚を引きます。

今度はパスをしなかったプレイヤーが上記のいずれかの出し方でカードを出します。

これを繰り返し、どちらかの手札がすべてなくなればゲーム終了です。手札をなくしたプレイヤーは、相手の残り手札枚数をポイントとして獲得します。

ゲームの終了

あらかじめ決めておいたポイント(30点、50点など)に到達したプレイヤーの勝利です。

2人で気軽に楽しめるトランプゲーム

最近、何度も遊んでいるゲームです。

いつもは30点を目標として遊んでいるのですが、今のところ全敗しています(笑)

山札の存在がいいアクセントになっており、そのおかげで同数や連番がそろい、強い手が出せるようになることがあります。もちろん、その逆にまったく関係ないカードが来る場合もあるので、その辺りの引き運も楽しさのポイントの1つです。

大富豪というと4人以上で遊ぶのが一般的ですが、これだと2人でも十分に楽しめますね。

2人でトランプを遊ぶ場合にオススメ!

ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。