トランプ

[トランプ] Scoundrel(悪党)

scoundrel

Scoundrel(悪党)は1人用のトランプゲームです。武器とポーションを駆使して、モンスターが待つダンジョン踏破を目指します。ゲーム終了時に残ったカードで得点が決まります。

Scoundrel(悪党)について

使用するカード

通常のトランプからジョーカー、赤色の絵札、赤色のAを抜いた44枚。

その他に準備するもの

ライフを管理するための紙とペンかトークンが必要になります。

ライフは最大値が20で、それを越えるようには回復できません。
初期値は20です。

カードの役割

クラブとスペード

モンスター。書かれた数字が強さ。
Aは14として扱う。

ダイヤ

武器。書かれた数字が強さ。

ハート

ポーション
数字分回復するが、1ターンに1回しか使えず、20を越えるようには回復できない。

ゲームの流れ

カードをよくシャッフルして山札を作ります。
この山札をダンジョンと呼びます。

ダンジョンの上から1枚ずつカードをめくっていき、4枚を表にして並べます。この4枚をルームと呼びます。

望むならばルームを避けることができます。避ける場合はその4枚をダンジョンの底に戻します。ゲーム中に何度でも避けることができますが、2回連続で避けることはできません。

手番ではルームの4枚のうち3枚を選びます。

武器(ダイヤ)を選んだ場合

武器を装備します。
すでに武器を装備している場合は、その武器は捨札になります。

ポーション(ハート)を選んだ場合

数字分だけ回復して捨札になります。ただし、一手番に1枚しか使うことができないため、2枚目に選んだポーションは効果を発揮せずに捨札になります。

モンスター(クラブ・スペード)を選んだ場合

素手か武器で戦闘を行います。

素手で戦闘する場合

モンスターの数字分だけライフが減ります。その後、モンスターは捨札になります。

武器で戦闘する場合

武器で戦闘する場合、武器の上にそのモンスターを置きます。もし、モンスターの方が数字が大きければ、差分のダメージを受けます。

武器は連続して使うことができますが、次は今乗っているよりも数字が小さいモンスターにしか使えません。

たとえば、5の武器を装備していて6とQの敵と戦う場合、Qの次に6と戦うときは両方とも武器を使うことができます。順番が逆になると6の上にQは乗せられないのでQとは素手で戦うことになります。

4枚のうち3枚を選べば手番終了です。残り1枚を残したまま、再びルームが4枚になるようにダンジョンからカードを補充します。

ゲームの終了

ライフが0に達した、またはダンジョンのカードをすべて処理した場合ゲーム終了です。

ライフが0になった場合は、ダンジョンに残っているモンスターの数字の合計がマイナス点になります。

ダンジョンを踏破した場合は残りのライフがプラス点です。もし最後のカードがポーションだった場合、その分が加算されます。

ローグライクトランプゲーム

トランプの悪党

トランプだけで遊べる1人用ゲームです。

ソリティアなのでカードの引き運はかなりあります。連続してポーションを引くとだいぶテンションが下がります(笑)

敵の最大値が14なのに対して武器の最大値は10なのでダメージは避けられません。そのため、タイミングよくポーションで回復していくことで何とか先に進むことができます。

実際に遊んでみると、かなり難易度が高く、初回はマイナス127点でした。何度かやってみて、ようやく山札が枯れるところまで来ましたが、それでもマイナス9点とプラスには届きませんでした。

めずらしいジャンルのトランプゲームなので、気になる方はぜひ遊んでみてください。

難易度高めの1人用トランプゲームです。
トランプゲームのまとめ
トランプゲーム一覧(現在51種類)現在、サイト上で紹介している主なトランプゲームの一覧です。 ルールの難易度を5段階で表しています。(最終更新日2019年11月05日)...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。