[ボードゲーム] モレール 紹介

モレールは数字が書かれたカードを順番に出していき、一定数以上になるカードを出したプレイヤーがダメージを受けるバースト系のカードゲームです。先日、ゲーム会で遊ばせていただき、面白かったので自分も購入しました。

[ボードゲーム] 第68回 名取盤友会に参加してきました

2016.05.09

モレールについて

モレールには数字や特殊効果が書かれたモレールカードと現在の自分の状況を表すステータスカード、バーストや終了時のチェックを行うチェックカードがあります。また、いろいろなチェックで用いるダイスも2つ入っています。

ステータスカードは現在の自分の状況を表していき、初めは7でダメージを受けていくと減っていきます。これが0になってしまうとゲームオーバーです。

手順で行うことは手札からカードを1枚だし、それから山札から1枚引くだけです。

カードを出すときにはすでに置かれたカードの数値の合計を言います。たとえば、自分が出す前が27で自分が3のカードを出す場合には「30」と言ってカードを出します。

このとき31、61、91を通過した場合、バーストチェックが行われます。その数字を越えるようなカードを出したプレイヤーはダメージを受けます。

このように説明していくと、オーソドックスなバーストゲームだと感じますが、テーマが非常に個性的です。プレイヤーはトイレをガマンしている設定で数字が増えることで、それが限界に近づくことを表しています。つまりバーストというのは……。

テーマとゲーム性がピッタリ

ルールは簡単で特殊効果はすべてカードに書いてあるので、初めての場合でもスムーズに遊ぶことができます。3~6人と対応人数の幅も広く、時間もそれほどかかりません。

モレールカードには0やマイナスもあるので、そろそろ限界と思いきや、まだ耐えられる!という状況が頻繁に起こり、その辺が妙にリアルです。

テーマがテーマのため、人を選ぶのは間違いないでしょうが、非常に盛り上がるゲームです。負け抜けのゲームなのですが、脱落者がでた際にも全員がチェックを行い、それによって急にバーストしてしまう可能性があるため、最後まで油断できません。

ダメージを受けた際はステータスカードに書かれたセリフを実際に声に出して言うというルールもバカバカしくて笑えます。プレイヤーごとにセリフがすべて異なるのも芸が細かいです。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)