[アニメ] メイドインアビス

久しぶりに何かアニメを見ようと思い、アマゾンのプライムビデオを利用して「メイドインアビス」を見ました。Twitterでよく高評価を見かけたのですが、確かに面白かったです。

メイドインアビスについて

舞台はアビスと呼ばれる大きな穴です。

どこまでも続く、その大きな穴は人々にとって未知の領域で、人類には作り得ない遺物が眠っています。その貴重な遺物を求めて、たくさんの探窟家が日々、アビスにチャレンジするのですが、帰らぬ人となる者ことも多いです。

アビスに挑む者が絶えないため、その周辺にオースという街ができました。

オースの孤児院で暮らすリコは、いつか偉大な探窟家になることを夢見ています。

ある日、リコはアビスで探窟をしていると、不思議なロボットに出会いました。

ロボットは少年の形をしており、記憶を無くしています。

ロボットはリコたちによってレグと名付けられ、共に暮らすようになりました。

とある出来事がきっかけで、リコはレグと共に、アビスのさらに奥を目指します。

ネタバレと感想

Amazonビデオで13話まで見ました。

前半はほのぼのした冒険ものですが、後半にいくつにつれて、グロテスクな描写が増えてきます。ストーリーもどんどんシリアスになっていきます。

アビスはいくつかの階層にわかれており、各階層で特徴が異なります。奥に行けば行くほど、人間にとって厳しいものとなり、選ばれたものしか行けないようになっています。

そのわけ方が笛です。

笛は赤笛、蒼笛、月笛、黒笛、白笛とあり、資格によって持てる色が決められています。中でも白笛は特別な存在で、持ち主によってデザインが異なり、所有者は世界に数人しかいません。

リコの母親はその白笛の持ち主で、その母親からのメッセージがリコの冒険のきっかけとなります。

白笛の存在は、物語でも重要で、所有者は2つ名がついており、個性が際立ちます。リコの母であるライザには殲滅卿という名がついています。

さまざまな伏線が張り巡らされている感じですが、現在公開されているシーズン1の13話までだと、まだまだストーリーは終わっていません。

これからどういう展開になっていくか、楽しみなアニメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。
ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。
最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。
他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。