[ボードゲーム] ニューヨーク・スライス・ピザ 紹介

ニューヨークスライスピザは「もっとホイップを」のリメイクです。「もっとホイップを」はケーキがモチーフでしたが、ニューヨークスライスピザはタイトルの通りピザがモチーフになっています。見た目がまんまピザなので、お腹が空いているときに遊ぶのは危険です。

ニューヨークスライスピザについて

すべてのピザのスライスを裏向きにしてシャッフルします。

それから11枚ずつの山をつくり、その各山にスペシャルを裏向きで乗せていきます。

山の1つをすべて表向きにし、ピザの円を作ります。そのピザをスライサーが人数分に切り分けていきます。均等に分ける必要はなく、好きな枚数ずつに分けます。

人数分に分けたら、好きなところに表にしたスペシャルを置きます。スペシャルにはボーナスや特殊効果などが書かれています。

ピザには数字が書かれており、さらにサラミやアンチョビなどが描かれています。

ピザを切り分けたら、スライサーの左隣の人から好きなピザを選んでいきます。選んだならば各ピースを残しておくか、その場で食べて裏向きにするかを選びます。

全員が選んだならばスライサーが左隣に回り、一巡するとゲーム終了です。

ピザに書かれた数字が得点になりますが、得られるのはもっとも多く、その数字のピースを持っている人です。各ピースは数字枚数分入っています。

食べてしまったピザは計算が異なり、単純にサラミの数だけが得点になります。

アンチョビが描かれたピザを残していると、1つにつきマイナス1点になります。(食べてしまったアンチョビはマイナスになりません)

それからさらにスペシャルの分の得点計算をし、もっとも得点が高いプレイヤーの勝利です。

食べるか取っておくかの悩ましい2択

まずピザがとてもおいしそうです(笑)

箱もデリバリーピザそっくりになっており、スコアシートが伝票のようだったりと、コンポーネントの雰囲気は抜群です。

考えどころはやはり切り分けで、最後に残ったものを自分が受け取るいうところがミソです。

そのため、自分が欲しいのが上手く得られるように、考えて切り分ける必要があります。誰がどのピースを残しているかは公開情報なので「あの人はこれ欲しいだろうから、これも押しつけちゃえ」などと考えながら切り分けるのが面白いです。

スペシャルは単純に得点がもらえるものから、アンチョビがプラスになるもの、残していたピザを後から食べられるものなど、種類豊富です。このスペシャルをどのピースに乗せるかも悩ましいところです。

ルールは分かりやすく、見た目のインパクトも大なので普段ボードゲームをしない人の興味も引きそうです。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。
ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。
最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。
他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。