[ボードゲーム] ON THE CARDS(オンザカーズ) 紹介

ON THE CARDS(オンザカーズ)は2~6人用のカードゲームです。遊ぶたびにルールが大きく変わるので、状況に合わせたプレイングが要求されます。

ON THE CARDS(オンザカーズ)について

ゲームではトランプ(一応、背面デザインは専用のもの)とルールカードを使います。

ルールカードは4種類に分かれています。

1.配り方(DEAL)

そのラウンドの手札の配り方を決めます。単純に配りきりであったり、8枚であったり、ランダムだったりと、それによって手札枚数が変わります。

2.目的(AIM)

そのラウンドでの得点の仕方を決めます。1トリックが1点になったり、特定のカードがマイナスとなったり、獲得したトリックがマイナス点となったり、得点が増えることも減ることもあります。

3.カードの出し方(CARD PLAY)

どのようにカードを出すかを決めます。一般的なトリックテイキングのように前の人が出したカードと同じスートを出す、前のカードと同じ数字を出す、異なるスートを2枚出すなど、これによって出す枚数も変わります。

4.トリックテイキング(TRICK TAKING)

トリックテイキングのルールを決めます。カードを出す際は必ず前のカードより高い数字を出したり、1番高い数字を出した人が勝利となったり、カードを出した結果3つ以上同じスートのカードが場に出たら勝敗が決定したりします。

基本的なルールとして固定ルールカードが4枚あり、さらに上記の4種類を1枚ずつ表にすることで、そのラウンドでのルールが決まります。

たとえば、以下のような感じになります。

今回の配り方は山札からランダムに引いた1枚で決まります。えーと、4だったので4枚ですね。カードの出し方は直前に出されたカードと同じスートか同じ数字のものを出してください。出せない場合や出したくない場合はパスしても良いです。得点は獲得したトリックの中の♡Qで6点を失い、他のスートのQで5点を失い、他の♡で1点を失います。さらにルールとして、すでに出されたカードより1大きいか1少ないカードを出してください。出せない場合、出したくない場合はパスになりますが、パスするとトリックを獲得します。このラウンドはこういうルールです。
え、え???

1度聞いてすぐに分かるようなルールならばいいですが、まずそうはなりません(笑)ラウンドを始める前に全員がよくルールを確認する必要があります。

誰かの手札がなくなるとラウンド終了です。得点計算を行い、もっとも得点が高い人が、4つのうちのいずれかのルールカードを取得します。これにより、その部分が新しいルールに変わります。誰かが4枚のルールカードを獲得したら、そのプレイヤーの勝利となります。

さらにルールを複雑にする追加のひねりカードも入っています。

遊ぶたびにまったく違うゲームに

基本的にはトリックテイキングなのですが、ルールによってトリックを取らない方がいい場合があったり、条件を満たすまで何巡もカードを出す必要があったりと、かなりトリッキーなゲームです。

とにかくやたらと複雑なルールになるので、カードは日本語化しておいた方がよさそうです。そもそも日本語であっても、すぐには理解できません。

ただでさえ複雑なのに、次のラウンドにはルールが変わるので、頭の中がどんどん混乱してきます。この辺りを面白いと捉えるか、訳がわからないととるかで評価が大きく変わりそうです。

かなりクセがあるゲームですが、トリックテイキングが好きならば試して損はないゲームです。

こちらのメーカーのサイトから購入することができます。
⇒ Surprised Stare Games Ltd

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)