[ボードゲーム] 三角ごいたが届きました

クラウドファンディングのCAMPFIREで支援していた三角ごいたが届きました。さっそく使って遊んでみたので、そのレビューをまとめます。

ごいたとは?

ごいたとは石川県発祥の4人用ゲームです。将棋の駒と同じ形のコマ(ただしすべて裏に何も書かれていない)を使い、2人対2人のチームで戦います。各自が8枚のコマを持ち、それをすべて出し切ったプレイヤーのチームが勝ちます。

広く遊ばれているゲームで、木製コマ、竹製コマ、カードなど、さまざまな形態で販売されています。わたしもカード版を2種類持っており、よく遊んでいます。

三角ごいたとは?

三角ごいたやってみる #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


三角ごいたは木製のコマで、名前の通りコマが三角形になっています。そのため、コマが自立します。クラウドファンディングの目的は2,000円で頒布するための初期費用です。

わたしが支援したのは3,000円のタイプで、三角ごいた1セットと透明ごいたタイル2枚が発売前に手に入ります。また、希望があればケース余白に好きな文字を刻印することが可できます。

実際に使ってみて

早くも三角ごいたが届いた。名前入りは愛着わくね。 #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


コマは小さめなので、8枚すべて手のひらに置くことができます。安定しているので、テーブル上に並べて置くこともできます。

カードと違い、一回一回シャッフルする必要がないので、その点は楽です。ただ、コマが軽いためか麻雀のようにジャラジャラやると、たまにコマが表にひっくり返ってしまうので、少し注意が必要です。

ケースが得点ボードになっているため、これ1セットがあれば得点チップなども必要ありません。

自分の名前がケースに入っているので、愛着が湧きますね。

2,000円だとカードタイプとほとんど変わらない値段なので、4人で遊ぶ機会がある人は持っていて損がないゲームです。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。
ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。
最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。
他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。