ゆうちょダイレクトのトークンが届きました

140714

インターネットバンキングのおかげで家に居ながらにして振込ができたり、さまざまな機能が使えたりします。
しかし、そこで心配になってくるのがパスワードです。
どこでも便利に利用できるというのは、同時に危険を伴うことでもあります。

ゆうちょダイレクトのトークン

現在、わたしもいくつかの口座をネット経由で利用しています。
ゆうちょダイレクトもその中のひとつです。

今回、ゆうちょ銀行を利用している人にトークンが提供されました。

「トークン」とは、1度しか使えないパスワード(ワンタイムパスワード)を生成する機器です。
「トークン」を使用することで、不正送金の被害を防ぐことができます。

トークンの大きさは7センチ×4.5センチほどです。
ディスプレイがついており、そこに6ケタの数字が表示されます。
これがワンタイムパスワードとなります。

ワンタイムパスワードは1分ごとに発行されるため、万が一誰かに盗み見られたとしても1分後には別なパスワードに変わります。そのため、安心して利用することができます。

トークンが対象となるのは、

ゆうちょ銀行あて振替
他金融機関への振込
WEB連動振替決済サービス
ゆうちょPay-easyサービス

です。

パスワード問題

最近、LINEでの乗っ取りなども問題になりましたが、パスワードを初めとしたセキュリティ対策はなかなか悩ましい問題です。

定期的にパスワードを変えるのが基本なのでしょうが、長いパスワードをいちいち記憶したり、記録したりしておくのも面倒です。

かといって、ずっとパスワードをそのままにしておくと、お金が勝手に引き出されたり、情報がとられたりという心配もあります。

今回ゆうちょ銀行から提供された、このようなトークンがあれば、かなり安全性は高まります。
(もちろん、これが盗まれてしまったらより大変なことになりますが……。)

ゆうちょダイレクトのトークンは無料で提供されているので、ゆうちょダイレクトを利用している人はとりあえず申し込んでおいて損はないと思います。

ある程度の防水性もありますし、電池がなくなった場合も、無料で再発行することができます。
ただし、盗難や紛失などでの再発行は1,080円の手数料がかかります。

それにしてもこのトークン、数字のボタンが0から9まであるのですが、何に使うのでしょうか。
特に入力するようなことはないのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)