[ボードゲーム] CLAIM 王国の派閥 紹介

CLAIM 王国の派閥は2人用のトリックテイキングゲームです。ゲームは2つのフェイズに分かれており、フェイズ1ではカードを獲得、フェイズ2ではそのカードを使ってプレイします。

CLAIM 王国の派閥について

カードは5スートで、スートによって構成が少し異なります。たとえばゴブリンは14枚で、ドワーフは10枚、騎士は8枚となっています。合計は52枚です。

すべてのカードをよく混ぜ、各プレイヤーに13枚ずつカードを配ります。その後、山札から1枚をめくります。

ゲームは切り札なし、マストフォローのトリックテイキングですが、スートごとに能力があります。

フェイズ1では、トリックに勝ったプレイヤーは公開されている1枚を獲得します。負けたプレイヤーは山札から1枚を獲得します。このカードは手札とは別にしておきます。

トリックに使用したカードはそのまま捨札になります。

再び山札からカードを1枚めくり、トリックに勝ったプレイヤーからリードを行い、上記を繰り返します。

全13トリックを行うと、フェイズ1が終了です。

今度は先ほど獲得したカードで同じことを行います。

ただし、今度はトリックに勝つと、そのトリックに使われたカードを得点として獲得します。

再び13トリック行うとゲーム終了です。

獲得したカードのスートごとの枚数を比べます。5つのスートのうち、3つ以上のスートを多く持っているプレイヤーの勝利です。

特殊効果があるジャーマンホイスト系

王国の派閥。1勝1敗。 #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


5つのスートはゴブリン、ドワーフ、アンデッド、ドッペルゲンガー、騎士といった派閥に分かれています。ゲームはそれらの派閥から支持を集め、新しい王になるというテーマになっています。

フェイズ1は基本的にはフェイズ2に備えるためにあるのですが、種族によってはフェイズ1から得点になるので、その辺を見据えたプレイングが要求されます。

また、トリックに負けると獲得できるカードもあり、通常のトリックテイキングとは違った思考が必要になります。

今回は2戦ほどやってみたのですが、なかなか考えどころがあるゲームでした。フェイズ1でカードがほとんど出ていたため、カード1枚で派閥を取れたりと、なかなか面白い展開もありました。

2人用のトリックテイキングは、そこまで多くないので貴重な存在です。特殊効果は4種類しかない(ゴブリンが能力なしのため)ので、ルール自体はそこまで複雑ではありません。プレイ時間もそこまでかからないので、時間調整として使うのにもちょうどよさそうです。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)