[ボードゲーム] レイジ(RAGE)紹介

レイジ(RAGE)は3~8人用のトリックテイキングゲームです。自分が何トリック取るかのビッドがあり、予想が当たるとボーナスが入ります。手札10枚からゲームがスタートし、ラウンドごとに1枚ずつ減っていきます。ゲームは全10ラウンドあるため、最後は手札1枚の勝負になります。

レイジ(RAGE)について

カードは青、緑、赤、黄、紫、橙の6スートで、数字は0~15です。その他にアクションカードが5種類あります。

最初のラウンドは手札10枚です。各プレイヤーに手札を配った後、山札の一番上のカードをめくります。このスートが切り札スートになります。

手札を確認したら、ディーラーの左隣からビッドを行います。ビッドは自分がそのラウンドで何トリック獲得できるかを予想します。

全員がビッドを行ったらトリック開始です。

ディーラーの左隣からリードします。マストフォローのため、リードスートをフォローできる限り、切り札やアクションカードをプレイすることはできません。

アクションカード

+5

獲得するとラウンド終了時のポイントが+5されます。

-5

獲得するとラウンド終了時のポイントが-5されます。

Without Trump

このトリック中は切り札が存在しません。

Change Trump

山札をめくり、そのカードが新しい切り札スートを示します。

Joker

指定したスートのもっとも強い数字になります。

得点計算

手札をすべてプレイしたら得点計算です。

  • 獲得トリック1つ 1点
  • +5 1枚5点
  • -5 1枚ー5点
  • ビッド成功 10点
  • ビッド失敗 -5点

得点を記録したら次のラウンドです。今度は手札が1枚減ります。

これを10ラウンド行い、合計得点がもっとも多いプレイヤーの勝利です。

予想できる……?

RAGE #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


切り札が変わるため、かなり予想は難しいです。「今回はこの色が切り札だから多めにビッドしよう」「切り札がないから、ほとんど取れなさそう」という予想はことごとく当てになりません。

今回4人で遊んでみたのですが、最初のラウンドで「このゲーム、続けますか……?」という人がでました。あまりにもビッドにならないため、面白さを感じられなかったようです。

スコアリングもなかなか大ざっぱで、+5点を取ってトリックを取りまくると、もはやビッドを当てる意味もほとんどなくなってしまいます。

正直、わたしもフルラウンド遊んでも変わりなさそうだなと思ったので、とりあえずディーラーを一巡してゲーム終了になりました。

BGGを見ると1983年の作品で、ベスト人数が6人とあるので、きっちり予想するというよりは、パーティゲーム的なノリのゲームなのかもしれません。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)