[ボードゲーム] Too Many Cooks(多すぎる料理人)紹介

トゥー・メニー・クックス(多すぎる料理人、余計な料理人)はスープ作りをテーマにした2~5人用のカードゲームです。ラウンド開始時に各自がそのラウンドで作るスープを決めます。ゲーム中は、マイナスのカードを避けながら、メニューにあったカードを集めます。

トゥーメニークックスについて

各自に5種類のメニューカードを配ります。

山札のカードには、オニオン、マッシュルーム、豆、チリのカードがあります。また、各スートにはブイヨンと沸騰のカードが含まれています。

山札から各自に13枚ずつカードを配ります。その後、手札を見つつ、そのラウンドでどのスープを作るかを決めます。

メニューカードのオニオン、マッシュルーム、豆はそのスートのカードが1枚1点となり、チリが1枚マイナス1点です。チリスープはチリカードが1枚1点、ブイヨンが1枚マイナス1点です。ノースープは最初に5点がありますが、獲得した1枚につきマイナス1点です。

選んだメニューを一斉に公開したらラウンド開始です。

ゲームはマストフォローのトリックテイキングに似ています。最初に出されたスートを持っているならば、そのスートを出さなくてはいけません。

ただし、トリックを獲得するのは、そこまでの数字の合計値が10以上になったときです。そのため、トリックテイキングのように一巡する訳でなく、10以上になるまで何度もカードを出します。

沸騰のカードがでると、それまでの合計値がリセットされ、再び0からのスタートです。

チリのカードがでるとマストフォローのルールがなくなり、そのトリックでは好きなカードが出せるようになります。

10以上になったら、そこまでのカードを獲得して、手札から好きなカードを出します。

これを繰り返し、誰かの手札がなくなるとラウンド終了です。

獲得したカードを自分のメニューに沿って得点計算し、チップを獲得したり、失ったりします。

ゲームは全5ラウンドです。1度使ったメニューは使えなくなるので、全員がすべてのメニューを1回ずつ行うことになります。

ゲーム終了時、もっとも多くのチップを持っているプレイヤーの勝利です。

おい!そんなの入れるなよ!

TOO MANY COOKS #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


マストフォローのルールはありますが、勝敗の決め方がノイのような感じなので、トリックテイキング感はそれほどないです。

分かりやすい押し付け合いのゲームで、みんなの目的が分かっているため、いかにそのカードを取らせないか、いかに余計なカードを押しつけるかがポイントです。

今回は4人で遊んでみましたが、なかなか激しい展開になりました。

ゲームの勝敗を大きく左右するのはノースープ、トリックテイキングでいうところのミゼールです。このとき、カードを大量に取らされると、そこまでコツコツためてきた得点を一気に失うことになります。

今回のゲームでは3ラウンドで1人のチップがすべてなくなり、4ラウンドでわたしが9点を失いました。そうなるともう1位争いには絡めなくなるため、いかに他のプレイヤーにマイナスを押しつけるかのゲームになります。

5ラウンドやった結果、18対17対5対4と分かりやすく2極化しました。

4人で遊ぶと、山札が配りきりになるので、一応カウンティングはできるのですが、同じカードが複数枚ある上、スートによって数字構成が違うので、かなり困難です。ゲーム内容的にもそういった雰囲気のゲームではないですね。

お互いにいらないカードを押しつけ合って「わーわー」いうタイプのゲームです。

ちなみに作者はライナー・クニツィアです。いろいろな版がでており、版によってカードのスートが違っていたり、得点がチップではなくてカードのものもあるようです。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。