ボードゲーム

[ボードゲーム] トリックと怪人 紹介

トリックと怪人は捜査官となって犯人をつきとめる2~4人用のゲームです。全員が裏でカードを出し、その状態でどのカードが犯人なのかを推理します。場に出たカードの中で、もっとも大きい数字のカードが犯人となるのですが、さまざまな特殊効果により、一筋縄ではいかないようになっています。

トリックと怪人について

容疑者カードは2~10まであり、それぞれが赤、青、黄のいずれかになっています。他に怪人カードが2枚あります。

各プレイヤーはサマリーカードと3色の情報トークン、虫眼鏡チップを受け取ります。

容疑者カードと怪人カードをシャッフルして、各プレイヤーに2枚ずつ渡します。あまったカードは使用しないので、裏のまま置いておきます。

スタートプレイヤーから順番に手札を1枚伏せて出し、その上に対応する色の情報トークンを置きます。このとき嘘をついてはいけません。怪人カードの場合は何色のトークンでも置くことができます。

全員がカードを伏せておいたら、今度はどのカードが犯人なのかを推理し、犯人だと思うところに虫眼鏡トークンを置いていきます。

全員が虫眼鏡トークンを置いたら、一斉にカードを公開して、誰が犯人なのかを確認します。

基本的には数字がもっとも大きいカードが犯人になりますが、他のカードを除外したり、特殊な条件を満たすことで犯人になるカードもあります。

犯人が確定したら、以下に従って勝利点を獲得します。

自分のカードが犯人になった 1点
犯人カードに虫眼鏡トークンを置いた (プレイ人数ーそこに置いた人)点
怪人カードを出した 自分のところに置かれている虫眼鏡トークンの数だけ点数を得る
怪人カードに虫眼鏡トークンを置いた ー1点
刑事が犯人 カードを出した人、虫眼鏡トークンを置いた人の得点が2倍

その後、2度目の事件を行います。

先ほど出したカードは公開したままで、残った手札を全員が伏せて出していきます。

そして、先ほどと同じように得点計算をします。

2枚のカードをプレイしてラウンド終了です。

ラウンド終了時に誰かが10点に達していればゲーム終了です。そのとき、もっとも得点が多い人がゲームに勝利します。

これとこれがでたから、残りはあれかな?

シンプルな推理ゲームですが、さまざまな効果のおかげで考えどころが多いです。

また、タイトルにもある怪人の存在がスパイスになっており、みんなを混乱に陥れます。

今回は4人全員が初プレイだったので、最初こそどうすればいいのか分かりませんでしたが、ゲームが進むにつれてだんだんと勘所がつかめてきました。犯人が確定してから、それぞれの考え方を披露して、よりゲームへの理解度を深めていきました。

情報トークンを置くまでの間、誰に虫眼鏡トークンを置くか、すでにどのカードが公開されているかなどなど、さまざまな情報を頭に入れて推理するのが面白いです。

プレイ感は同じくオインクゲームズから出ている「藪の中」っぽいですね。こちらの方が特殊効果が多いので、考え方に多様性を求められます。

あまりにガチガチの推理ゲームは苦手という人にもぴったりな、ほどほどのロジックとブラフが楽しめるゲームです。

手軽に遊べる推理ゲームです。
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。