ボードゲーム

[ボードゲーム] アズール:シントラのステンドグラス 紹介

アズール:シントラのステンドグラスは、順番にガラス片を取っていき、ステンドグラスを完成させる2~4人用のゲームです。アズールの続編にあたりますが拡張ではなく単独で遊ぶことができます。

アズール:シントラのステンドグラスについて

得点ボードにあるラウンド表示表に、ガラス片をランダムで置いていきます。

それからプレイ人数に応じた枚数の円形の工房展示ボードを置き、その上にガラス片を4個ずつ置いていきます。ガラス片は5色20個ずつあります。

各プレイヤーは宮殿ボードと図案票を受け取ります。1人につき8枚の図案票があり、それを宮殿ボードの上にランダムに置きます。宮殿ボードと図案票をあわせたものが個人ボードになります。さらに左端の図案票の上に、ガラス職人コマを置きます。

手番で行うことは2種類のうち1つです。

A. 図案を追加する

工房展示ボードか、テーブル中央からガラス片を獲得します。この際、1色を指定して、そのすべてを獲得しなければなりません。工房展示ボードから取る場合は、残りのガラス片はすべて中央に移動させます。そのラウンド初めて中央から取る場合は、スタートプレイヤーマーカーも一緒に取ります。

獲得したガラス片を図案票に配置します。このとき、配置できる場所はガラス職人コマがある図案票を含めた右側です。もし、現在ガラス職人コマがある位置よりも右側にガラス片を置くときは、まずその列にガラス職人コマを移動させます。

ガラス片の配置は縦一列にまとめて置かなければなりません。

配置できなかった分は割れてしまい、その個数だけ得点ボードにある割れたガラス表のマーカーを進めます。スタートプレイヤーマーカーも割れたガラス扱いなので、マイナス点になります。

縦一列が埋まると得点計算です。

まず完成した図案票にある5個の中から1つを選んで、宮殿ボードに置きます。宮殿ボードには図案票ごとに置くスペースが2カ所あり、1回目はボードが裏返り、2回目はそのボードが取り除かれます。

ラウンド表示表にある色のコマ1つにつき1点が入ります。さらにボード下に書かれた数字分の得点と、その図案票よりも右側にあるすでに得点化されている場所の得点が入ります。

B. ガラス職人コマを1番左の図案票に戻す

ガラス片を取らずに、ガラス職人コマを1番左の図案票の上に移動させます。すでに左端にガラス職人コマがある場合は、このアクションは選択できません。

これを順番に行い、展示ボードとテーブル中央のガラス片がすべてなくなるとラウンド終了です。再びガラス片を補充して上記を繰り返します。

6ラウンド終了時に最終得点計算があります。

得点計算

  • 図案票に残っているガラス片3つにつき1点
  • 割れたガラス表によりマイナス点
  • 宮殿ボードによるボーナス点
宮殿ボードによるボーナス点はA面とB面によって異なります。

以上を合計して、もっとも得点が高いプレイヤーの勝利です。

より選択肢が増えたアズール

ボードのシントラのステンドグラス

前作のアズールに比べると選択肢の幅が広がり、考えどころが多くなった印象です。置ける場所が多くなった上、ガラス片を取らないアクションができたため、アズールよりも息苦しさが薄まった感じです。

もちろんガラス職人コマの移動は1回やると次はできないため、場合によっては、いらないタイルを大量に取らされることも十分にありえます。

今回は4人で遊んでみましたが、そのうち3人がアズールをプレイ済だったのでスムーズに遊ぶことができました。得点計算まわりが前作よりもちょっとややこしくなっていますが、その分ゲーマー向けの仕上がりになっています。

完成させたときに、それよりも右側が再び得点化されるため、どこから完成させていくのかという戦略性も増しました。

アズールであった「このままいくと次の手番で大量マイナス点」ということが起こりにくくなったので、その辺の厳しさが苦手だった人には遊びやすくなっていますね。逆にその辺のキツさが好きだった人には、ちょっと物足りないかもしれません。

今回はA面の宮殿ボードを使用したのですが、次回はB面で遊んでみたいですね。

ボードから取り除くガラス片を入れておくグラスタワーがコンポーネントとして用意されたのも、うれしいポイントです。

見た目がキレイで考えどころもしっかりあるゲームです。
[ボードゲーム] アズール(AZUL)紹介アズールはカラフルなタイルが印象的な2~4人用のゲームです。手番で行うことはタイルを取り、プレイヤーボードに配置するだけですが、どの色を...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。