[ボードゲーム] 180926 フィンカ、ドラゴンダイス、MOONS(衛星)

Kickstarterで届いたフィンカを遊ばせてもらいました。あとは、先日のフリーマーケットで購入した軽めのゲームを遊びました。

フィンカ

 

View this post on Instagram

 

フィンカ開始

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


レモンやブドウ、オレンジといった果物がすべて違う形のトークンになっている、見た目にも楽しいゲームです。

円状に並べられたタイルを進んでいき、資源を獲得していくのですが、進む歩数は今そこにあるコマの数、もらえる個数は止まった先にあるコマの数となっています。そのため、どこを移動させて、何をもらうかの選択が悩ましいです。

4人で遊ぶ場合は、1人につき3つのコマがあるのですが「次はあれを動かせば、レモンがたくさんもらえそう」などと考えていても、他のコマの移動によって数が変わってしまうので、その度、計算し直す必要があります。

あとは獲得した果物を出荷していくだけなので、ルール自体はとてもシンプルです。

収穫に必要な果物がタイルのめくりによって決まるので、運の要素もほどほどにあります。また、獲得しようと思ったコマが足りない場合、全員がそれを戻さなければならないというルールがあるため、他の人の動向をよく見ておかなければなりません。

溜めていたものを一気に得点化、といきたいところですが「もしかするとその前に取られるかも?」という悩ましさがあるゲームです。

ドラゴンダイス

 

View this post on Instagram

 

ドラゴンダイス。36対33対24対21。

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


6色のドラゴンが描かれた専用ダイスを使って遊ぶ2~6人用のゲームです。

手番ではダイスを振って、その目に応じて場に並んだドラゴンタイルを獲得します。各プレイヤーの手元にはドラゴンベースがあり、上下左右に2、3、4、5の数字が割り振られています。ダイスを振って白の目が3つ出た場合、ドラゴンベースの3のところにドラゴンタイルを取ります。

ダイスを1つ以上を確保しておけば、残りを振り直すことができます。

また、一巡以内ならば他のプレイヤーのドラゴンを奪うことも可能です。その場合は、ドラゴンベースの数字よりも大きい数のダイスが必要になるため、誰かの3が欲しかったら、その色の目を4つ以上ださなくてはなりません。

これを繰り返していき、ドラゴンの色か背景のセットコレクションを作っていきます。

どの目を確保していくか、という考えどころはあるものの、運要素は強いので、どちらかというとパーティーゲームよりです。

MOONS(衛星)

 

View this post on Instagram

 

MOONS

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


カードに惑星や衛星のイラストが描かれたトリックテイキングゲームです。

切り札なし、マストフォローのトリックテイキングをして、トリックを取ると、トークンを獲得することができます。また、トリックに負けた場合でもトークンを取ることができるため、手札が弱くても十分に得点のチャンスがあるのが特徴です。

ラウンドの開始に3枚を場札として置いたり、プレイするカードとは別に特殊効果があるカードがあったり、最終的にはトークンの数で得点が決まったりと、なかなか独自要素が多いです。

トークンを交換する効果があったり、追加得点をもたらす効果があったりと、途中で得点が大きく上下するため、ゲームが終わるまで勝負の行方は分かりません。

手札運の他に特殊効果をもたらすアステロイドカードの引き運もあるので、割と運要素は強めかもしれませんね。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。