ボードゲーム

[ボードゲーム] ぼくの牧場 紹介

ぼくの牧場

ぼくの牧場は、牧場主として、さまざまな建物を建てて、牧場を発展させていく2~5人用のゲームです。羊、豚、牛の3種類の家畜を繁殖させ、売却したり、出荷したりして勝利点を集めます。

ぼくの牧場について

ボードゲームのぼくの牧場

各プレイヤーに個人シートを配ります。個人シートには羊、豚、牛の3種類の家畜と、勝利点を置くスペースがあります。対応するエリアにトークンを置くことで、個数を管理します。

メインシートに赤と青のキューブを置きます。ゲーム中はこれらのキューブを動かすことで、アクションを選択します。赤は反時計回り、青は時計回りに動かします。

メインシートの下に5種類のボーナスカードをサプライとして置いておきます。ボードゲームは2枚ずつあり、先に達成したほうが得点が高いです。

手番順に応じて、初期手札を配ります。スタートプレイヤーは4枚、2番目と3番目が5枚、4番目と5番目が6枚です。

ゲームは終了条件を満たすまでラウンドを繰り返します。

ラウンドの流れ

スタートプレイヤーが赤か青のキューブを1マスか2マス移動させ、アクションを選択します。全員がこのアクションを行いますが、スタートプレイヤーには特権があります。

アクションの種類

購入 任意の動物を2匹まで購入できます。
コスト分だけ、手札を捨てます。
※特権…コストが1軽減
売却 任意の動物を2匹まで売却できます。
売却した種類と数に応じてカードを引きます。
※特権…+1枚引く
繁殖 スタートプレイヤーがダイスを振り、その値を自由に振り分けて動物を繁殖させます。
※特権…繁殖力+2
経営 山札から1枚カードを引きます。
※特権…追加で1枚引く
建築 手札から2枚までカードをプレイできます。
コストとして手札を捨てます。
※特権…コスト1軽減
出荷 動物を1匹出荷して勝利点に変えます。
※特権…プラス1点

ボーナスカード

条件を満たしたタイミングでボーナスカードを獲得できます。

全員がアクションを行ったら、動物や手札を上限まで減らします。

その後、終了条件(プレイ人数に応じたボーナスカードの獲得枚数)を満たしているかどうか確認します。

満たしていればゲーム終了で、最終得点計算を行います。

満たしていなければ、時計回りでスタートプレイヤーを交代して、次のラウンドを行います。

ゲームの終了

規定枚数のボーナスカードが獲得されると、そのラウンドでゲーム終了です。

  • 動物の数
  • 個人シート上の出荷点
  • 建物カードとボーナスカードの得点
  • 「広場」による得点

これらを合計して、もっとも得点が多いプレイヤーの勝利です。

お馴染みの要素でエンジンビルド

ボドゲのぼくの牧場

作者が「5人で出来るサンファンのようなゲームを作りたくて製作しました」と述べている通り、さまざまなところにサンファンっぽさを感じさせるゲームです。

コストとして手札を捨てたり、ひとりが選んだアクションを全員が行ったりというのは、そのままですね。それに牧場のテーマが加わって、独特なゲームに仕上がっています。

今回は3人で遊び、ルール説明からゲーム終了まで1時間ほどでした。サンファンを遊んだことがあれば、ルール理解は早そうです。効果がすべてテキスト(アイコン併用)のため、初回は読み込むのに時間がかかります。

カードは47種類2枚ずつあります。「○をしたら1枚追加で引く」「○のコストを1安くする」といったお馴染みの効果ばかりなので、初回からでもわかりやすいです。

今回わたしは羊に特化したプレイをしてみました。羊関係の建物を建てていき、とにかく羊を限界まで増やします。基盤が整ったら出荷して、得点化していきました。

さまざまな効果を組み合わせることで、コンボがつながっていくため、気持ち良く拡大再生産していくことができます。また、どのアクションを選ぶかに、サンファン(プエルトリコ)のような駆け引きがあるため、「今これを選べば自分だけが得する」という見極めも重要です。

同人ゲームのため、コンポーネントは地味ですが、お馴染みの要素が手堅くまとまっており、しっかり楽しめます。エンジンビルド系のゲームが好きな人におすすめです。

下記サイトから購入可能です。また、ボドゲーマなどでも販売されています。

タイトル ぼくの牧場
発行年 2021年
プレイ人数 2~5人
プレイ時間 30~45分
デザイナー つきいようすけ
ABOUT ME
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。