ボードゲーム

[ボードゲーム] レンフィールド 紹介

Renfield

レンフィールドはギャンブルの要素があるトリックテイキングゲームです。最初に全員が賭け金を出し、勝った人が総取りをします。勝てないと思ったらゲームの途中で降りることもできます。

レンフィールドについて

メインカードは3スート17枚ずつの51枚です。他にカードの強さを示すキーカードと、ディーラーカードがあります。また、1・5・20ドル紙幣も入っています。

カードにはスートとランク、虫、費用が書かれています。ランクは全スート1~17です。虫は0~6匹、費用は0~5金のいずれかが書かれています。

各プレイヤーに100ドルずつ配ります。キーカード3枚をテーブル中央に置いておきます。

適当な方法で最初のディーラーを決め、そのプレイヤーはディーラーカードを受け取ります。

ディーラーは各プレイヤーに6枚ずつ手札を配ります。残りのカードは使用しないため、伏せたまま脇に置いておきます。

ラウンドの流れ

ラウンドは3つのフェイズで構成されます。

  1. 競り
  2. トリック
  3. 終了手続き

①競り

ラウンド開始時にスートの強さを決める競りを行います。

ディーラーの左隣から順に1ドル単位で値をつけるか、パスをしていきます。値をつける場合は、すでに出ている金額より高い必要があります。

競り値をつける機会は1回だけです。最後にディーラーが値付けかパスをしたら競り終了です。もし、誰も競り値をつけていなかった場合は、ディーラーが5ドルの競り値をつけなければなりません。

競りの勝者はその金額を支払います。その後、3つのスートの強弱を決めます。

②トリック

競りの勝者からリードを行います。

マストフォローのトリックテイキングです。ただし、リードスート以外を出した場合、最初に決めたスートの強弱によって勝敗を判定します。

トリックに勝ったプレイヤーは今回出されたカードの費用を合計して、その金額を支払い、カードを獲得します。獲得したカードは公開して手元に並べておきます。

トリックに勝ったプレイヤーが次のリードを行います。そのプレイヤーが降りた場合は、左隣のプレイヤーがリードをします。

虫を1匹以上獲得していれば、ゲームから降りることができます。その場合、カードを出さずに降りることを宣言します。獲得したカードと残りの手札を伏せ、ゲームから抜けます。

③終了手続き

6トリック行うとラウンド終了です。

降りずに残っていたプレイヤーは獲得した虫の数を比べます。12のカードを獲得していると、虫の総数が2倍になります。

1匹以上獲得しており、なおかつ数がもっとも少ないプレイヤーがラウンドの勝者です。

勝者はこのラウンドで支払われたお金をすべて獲得します。勝者が複数いる場合は、等分して受け取ります。端数が出る場合は、次のラウンドに持ち越します。

6トリックが終了する前に、残ったプレイヤーが1人しかいない場合もラウンドの勝者となります。この場合は、虫を1匹も獲得していなくても勝つことができます。

次のラウンドを行う場合は、ディーラーを時計回りに交代します。

ゲームの終了

任意のラウンド数行って、もっとも所持金が多いプレイヤーの勝利です。同額の場合は引き分けです。

トリックテイキング+ギャンブル

ボードゲームのレンフィールド

表記は4~6人用ですが、3人でも8人でも遊ぶことができます。

ポーカー同様、このゲームは4~6人で遊ぶのがおすすめですが、3人でも遊べますし、実の所は8人までは一緒に遊べます。(説明書より引用)

というわけで今回は3人で遊んでみました。

虫を1匹以上獲得していて最少というのが独特で、基本的にはあまりトリックを取らないほうがいいです。かといって、虫を1匹も捕らないと勝敗にからめないため、多少はトリックを取っておく必要があります。

トリックに勝つたびお金を支払わなければならないため、「もう無理だ」と思ったら降りることができるのもめずらしいです。

手札6枚で、残ったカードは使用しないため、かなりギャンブル感が強いです。なお、テーマがなかなか奇抜なので、その好き嫌いもありそうです。

レンフィールドはドラキュラに仕える男です。全体のテーマもダークで、スートは「道具」「墓石」「器官」の3つです。器官には抽象化された身体の部位のイラストが描かれています。

タイトル Renfield
発行年 1999年
プレイ人数 4~7人
プレイ時間 60分
デザイナー James Ernest
BGGリンク Renfield | BGG
ABOUT ME
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。