[トランプ] スリートリックス

スリートリックスはトランプを使った4人用のトリックテイキングゲームです。13トリック中、各自が3トリック獲得を目指すため、最低でも1人が失敗するような構造になっています。どこまでトリックを取るかの見極めが重要なゲームです。

スリートリックスについて

使用するカード

ジョーカーを抜いた通常のトランプ52枚です。

カードの強さ

 A K Q J 10 … 3 2 

ゲームの流れ

適当な方法でディーラーを決めます。

ディーラーは自分の左隣から順番に1枚ずつカードを配っていきます。カードは配りきりのため、手札は13枚です。

ディーラーの左隣からリードを行います。

マストフォロー、切り札なしのスタンダードなトリックテイキングです。

全トリックが終わったら得点計算を行います。

0トリック マイナス5点
1トリック 1点
2トリック 4点
3トリック 9点
4トリック以上 獲得したトリック数分、マイナス。
たとえば5トリックなら、マイナス5点。

得点はマイナスになることもあります。得点を記録したら、ディーラーを時計回りに交代し、4ラウンド行ったらゲーム終了です。

合計得点を計算し、もっとも得点が高いプレイヤーの勝利です。

あの、もういらないんだけど?

 

View this post on Instagram

 

スリートリックス

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


全員が3トリックを目指すというのが絶妙で、3人が達成できても、必ず1人が失敗するようにできています。

どちらかというと、あまりトリックを取りたくないため、序盤は弱いカードで負けようとするのですが、うっかり勝ってしまい、そのまま立て続けにマイナスに突入ということもあります。かといって、まったく取らないのもマイナスなので、タイミングを見極めて上手くトリックを取る必要があります。

今回は全員が初プレイだったのですが、26対21対9対2となかなかの差がつきました。

実際やってみると、3トリック取るのはそこまで難しくありません。今回はだいたい毎ラウンド2人は成功していました。ただ、場合によって一気にマイナスになるのが曲者で、今回2位だった人は4ラウンド中、3ラウンドが9点ながら、1ラウンドがマイナス6点だっため、1位になることができませんでした。

マイナス点が大きいので、最後まで油断ができないゲームです。

シンプルなルールながら、トリックを取るか取らざるか見極めが重要なゲームです。4人用というのがちょっと難点ですが、トリックテイキングの導入としてもいいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)