トランプ

[トランプ] マルチスタック

Multi Stacks

マルチスタックは全員の手札をなくすことを目指す協力ゲームです。全員が異なる条件でカードを出していき、手札を減らしていきます。出す順番をよく考えて全員が手札を出し切ればクリアです。

マルチスタックについて

必要なもの

ジョーカーを抜いたトランプ1組。

役割を書くための紙。

ルール

まず4人用ルールを説明します。

4枚の紙にそれぞれの役割を書き、各自に配ります。

SAME COLOR
同色
同じ色のカードしか出すことができません。
ALTERNATING
交互
赤と黒を交互に出すことしかできません。
UPWARD
上昇
1つ上の数字しか出すことができません。
DOWNWARD
下降
1つ下の数字しか出すことができません。

山札から5枚カードをめくり、スタックとして場に並べます。

各自に4枚ずつ手札を配ります。
手札は表向きで自分の前に並べます。

手番ですること

  1. 山札から好きな枚数カードを引く。
    引かなくても良い。手札上限は8枚。
  2. ルールに従ってスタックに1枚以上カードを出す。
    もし出すことができなければ手番を終える。
  3. 他のプレイヤーに1枚までカードを渡す。

これを時計回りに行っていきます。

スタックに出すことができるのは±1のカードだけです。
さらに上記の役割によって出せるカードに制限が加わります。

AはKにも2にもつなげることができます。

Jがプレイされると全員の役割が時計回りに移動します。

ゲームの終了

勝利

すべてのプレイヤーの手札がなくなる。

敗北

全員がカードを出すことができない。

3人用ルール

4人目の席を仮定して、そこに役割カードを置いておきます。
Jがプレイされたときに他と同じように時計回りに移動させます。
スタックは3枚です。

2人用ルール

SAME COLORとALTERNATINGしか使いません。
スタックは2枚です。

stuck(立ち往生)しないようにstack(スタック)にカードを出す

トランプのマルチスタック

4人で遊んでみました。

全員の手札が公開されていることもあり、パズルのようなプレイ感です。

「まずこれを出して次にこれ、そうしてこれを出すと……。あ、ダメか」といった感じにみんなで話し合いながらカードを出していきます。

難易度はそれほど高くなく、ほとんどカードを引くことなくクリアできてしまいました。

ルールを読んで察しがつく人もいると思いますが、1人で遊んでもまったく問題ないです。一応、2~4用のルールが用意されていますが、どのルールでも1人プレイが可能です。

そのため、あまり協力ゲームという感じはないですね。
ソリティアゲームとしても普通に面白そうです。

協力型のトランプゲームです。
トランプゲームのまとめ
トランプゲーム一覧(現在51種類)現在、サイト上で紹介している主なトランプゲームの一覧です。 ルールの難易度を5段階で表しています。(最終更新日2019年11月05日)...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。