[ボードゲーム] 180912 ネイションズ、スリートリックス、天九紙牌

久しぶりのネイションズでした。今年に入ってからは7回目になります。その後、トランプを使ったトリックテイキングのスリートリックスと、かなりの久しぶりになる天九紙牌で遊びました。

ネイションズ

 

View this post on Instagram

 

ネイションズ。53対53対45対27。

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


いつもの通り使用国家はランダムで決めました。難易度は4人全員が資源2です。

ポーランド対エチオピア対ローマ対ペルシャとなり、わたしはポーランド担当になりました。

ポーランドは政体を変えるとターンオーダーに関わらず、最初にアクションができるというかなり強力な能力を持ちます。しかし、今回は序盤から順番にめぐまれていたため、最後まで変更しませんでした。

最初からそなわってる能力は「戦争に負けなければ書物+3」というもので、これのおかげで全8ラウンド中、7ラウンドで書物が出て、書物のポイントは圧倒的なリードになりました。

今回は国の持ち味を活かし、とにかく驚異中心の組み立てでプレイしました。ポーランドは植民地を置けるスペースが1少ない代わりに驚異が1多く置けるようになっています。そのため「驚異を取ると○○」といった効果を集め、どんどんコンボさせていきます。

時代4に入るとスペースが埋まってしまったため、点数が低いところを上書きしていきました。

途中でチンギスハンの襲来があったりと、厳しい状況もありましたが、恐らく今までプレイした中でもっとも安定していた回でした。多少、食料の産出が少なかったのですが、会戦でカバーできたため、ゲームを通して資源に苦しめられることもありませんでした。

結果は53対53対45対27で得点は1位タイだったのですが、安定度の差で2位に終わってしまいました。

以前も同点で負けたことがあったので、どうにも詰めが甘いところがありますね。

2~3ヶ月ぶりに遊びましたが、相変わらず面白かったです。

スリートリックス

 

View this post on Instagram

 

スリートリックス

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


トランプを使ったシンプルな4人用トリックテイキングです。

切り札なしのマストフォローで3トリックを取ると、もっとも高い得点が入ります。ただし、4トリック以上はその数だけマイナスとなるため、上手く3トリックで抑える必要があります。

0トリックもマイナス5点のため、どこかしらで必ずトリックを取りにいかなければなりません。

全4ラウンドのうち、1ラウンドは見事3トリック取れたのですが、次は2トリック、その次が1トリック、最後はマイナスと、どんどん悪化していきました(笑)

オーソドックスなルールで時間もそれほどかからないので4人用としてオススメのトリックテイキングです。

天九紙牌

 

View this post on Instagram

 

天九紙牌

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


本来は牌で遊ぶものを分かりやすいカードに置き換えたゲームです。

親対子という構図になっており、親が連勝すると、どんどん得点倍率があがっていきます。

今回はお試しということで、とりあえず親が4回交代したら終了という設定で始めました。

ところが実際にやってみると、連勝なしの4回で終わってしまったため、さらに4回を追加して遊ぶことになりました。

初プレイの人が至尊(打ち出し最強)を何度も決めたり、なかなか苦しい状況でしたが、後半で追い上げ、最終的には自分以外の3人全員が初期金よりマイナスという形で終わりました。

得点計算が最初ちょっとややこしいですが、ずっと遊んでられるタイプのゲームです。

遊ぶ度に「いつかは牌で」と思うゲームですね。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。