[ボードゲーム] Coup(クー) 紹介

クーは3~6人で遊ぶことができるカードゲームです。さまざまな人物カードの能力を使い、自分だけが生き残ることを目指します。最大の特徴は、たとえそのカードを持っていなくても、持っているように装って能力を使えるところです。

Coup(クー)について

クーでは2枚の手札を使います。その手札の能力を使い、お金を得たり、相手を暗殺したりします。

手番に行える行動は7種類あります。

  1. 収入
  2. 援助
  3. クー
  4. 徴税
  5. 暗殺
  6. 交換
  7. 強奪

1~3のアクションは一般行動と呼ばれ、手札に関係なく行うことができます。
それに対し4~7のアクションは人物行動と呼ばれ、手札にそのカードがなければなりません。

ただし、先にも述べたように、このゲームでは、いかにも手札にあるかのように装って、能力を使うことができます。もし、相手の行動がおかしいと思ったならば、他プレイヤーは「ダウト」を宣告します。

ダウトが宣告され、そのカードを持っていなかったならば手札が1枚失われます。逆にダウトを宣告され、ちゃんとそのカードを持っていたならばダウトを宣告した方のプレイヤーが手札を1枚失います。

また、特定のアクションを他のプレイヤーがブロックすることもできます。ブロックする際にもそのカードが必要なのですが、もちろんその際もカードを持っていなくても行うことができます。

ダウトの宣告以外でも、暗殺やクーにより、相手の手札を失わせることが可能です。

これらのアクションを1手番ずつ順番に行い、最後まで生き残ったプレイヤーがゲームに勝利します。

お手軽ブラフゲーム

手札になくても能力が使える、というのが何とも不思議なゲームです。

3枚しかないはずのカードの能力を5人が行ったりと、どう考えてもおかしなケースが出てきます。この辺りを笑って楽しめるようだと、かなり中毒性は高いです。1ゲームも15分ほどで終わるので、繰り返し遊びやすいのも大きなメリットです。

実際にゲームを行うと、終盤は引きに大きく左右されることが多いです。

中盤はブラフでも何とかなるのですが、ラスト近辺はダメ元でも相手がダウトを宣告してくるので、しっかり人物を確保しておく必要があります。そのため「ここで刺客を引かなければ負ける」といったケースがよく出てきます。

そうはいっても、そこまでシリアスに遊ぶゲームでもないので、ある程度の運要素は十分に許容範囲です。使うものはカードとチップくらいなので、場所もそれほど取りません。ちょっとした隙間時間に楽しめるお手軽なブラフゲームです。値段も1,500円ほどなので買いやすいですね。

駿河屋で「クー」をチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)