[ボードゲーム] フィヨルド 紹介

Processed with Moldiv

フィヨルドは、2人用のボードゲームです。
タイルをめくって配置していく前半と、コマを配置していく後半に分かれているのが特徴です。

フィヨルド 前半:発見

タイルをめくって配置していきます。

タイルには「海」「山」「平原」が描かれています。
めくったタイルをすでにあるタイルと矛盾が生じないように配置していきます。(海は海、平原は平原とぴったり合うように)

その際、手元にある農家コマを配置することができます。
この農家コマ次第で後半が決まるので、よく考慮して置かなければなりません。

すべてのタイルが配置し終わったならば、後半に移ります。

フィヨルド 後半:土地の獲得

今度は交互に土地マーカーを配置していきます。

土地マーカーは農家、または自分の土地マーカーに隣接していくように配置しなければなりません。その際、すでに相手のコマがあるところには置くことができません。

相手に取られそうなところを早めに確保したり、相手が置けなくなるように邪魔をしていきながら、より自分のコマが配置できるように置いていきます。

得点計算

より多くの土地マーカーをおいた方がこのラウンドの勝者です。
この際、農家コマはカウントしません。

各ラウンドで、置いたコマの記録しておきます。
3ラウンド行い、より多くの土地マーカーを置いたプレイヤーの勝利です。

2ラウンド先取ではなく、土地マーカーの合計で勝敗を競うので注意しましょう。
置かれた土地マーカーが同数ならば、2つのラウンドで勝ったプレイヤーの勝利です。

フィヨルドについて

カルカソンヌ的なタイルめくりと、コマを配置していく陣取り要素が合わさったゲームです。

前半、後半でやることが違うので、まず1度通して遊んでみないと、前半にどのような動きをすればいいのか分かりづらいです。
前半での農家コマの置き方によっては、後半ほとんどワンサイドゲームになってしまうので、実力差が出ます。

タイルをめくる運要素はあるものの、かなり考えどころが多いゲームです。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)