[ボードゲーム] 180328 ファーストクラス、サイファーズ

この日は4人でファーストクラスを遊び、それからスマホと専用キットを使って遊ぶ謎解きのサイファーズを遊びました。ファーストクラスは2016年の年末に遊んだきりだったので、さすがに結構忘れていました。

ファーストクラス

ファーストクラス146対105対90対85。 #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


4人で遊び、わたし以外は初プレイです。使用したのはA、Bモジュールです。

個人ボードから地図や列車を伸ばしていき、その上を車掌コマや列車コマを進めていきます。全6ラウンドあり、偶数ラウンド終了時に得点フェイズがあります。得点フェイズではそれまでのカードがどんどん累積されるので、後半になるにつれ、多くの得点が入ります。この辺りは、同じく鉄道をモチーフにしたロシアンレールロードを思わせます。

今回わたしは地図をメインに進めることにして、列車はあまり取りませんでした。×2のカードを取り、少ない枚数で効率良く得点を取ることを目指します。しかし、ひとりのプレイヤーが×2を取りまくり、しかも列車も伸びまくっていて、後半、莫大な点数を稼ぎます。

ボーナスカードも結構集まっていたものの、さすがにそこまで追いつかず、40点以上の差をつけられて2位でした。

鉄道をモチーフにしたゲームは時間がかかるものが多いですが、ファーストクラスはだいぶあっさりしており、4人での実プレイ時間は70分ほどでした。

車両カードが両面仕様になっており、0の裏が1、2の裏が4となっています。そのため、1をアップグレードしようとして、ついつい0にしてしまうということがよくありました。この辺りは慣れるまでやりがちな気がしますね。

サイファーズ

スマホを使った謎解きです。

指示に従いながら手がかりを開いていき、順番に謎を解いていきます。

サイファーズにはデッドルーム、ロストトレジャー、ミッション・パーフェクトスパイの3つのシナリオが入っています。それぞれ難易度と目安時間が異なります。

前2つはすでに解いたので、今回は最後となるミッション・パーフェクトスパイを遊びました。

さすがに最後だけあり、途中で行き詰まり、スマホのヒントを頼りました。かなり歯ごたえがありましたが、見事クリアすることができました。

サイファーズは3作入って、1,500円なので、かなりお得です。

ナゾトキに興味があるけど、いきなり知らない人とやるのは気が引けるという人は、ぜひお試し下さい。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。