[ボードゲーム] 髑髏と薔薇/スカル 紹介

151126

3~6人用のブラフゲーム「髑髏と薔薇」の紹介です。
現在は同じシステムで、デザインが異なる「スカル」という名称で販売されています。

髑髏と薔薇について

バイカーたちがリーダーを決めるためにするゲーム、という設定です。
そのため、カードのデザインもそれっぽいものになっています。

各プレイヤーは4枚の円形のカードとプレイマットを受け取ります。
内訳はバラが3枚、ドクロが1枚です。

手番でできることは、裏向きで自分のプレイマットにカードを重ねるか、ビッドをするかのどちらかです。
誰かがビッドしたならば以降は、カードを重ねることはできず、さらに高い値をビッドするか、パスするしかできません。

1人のビッドに対し、他全員がパスしたならば勝負に移ります。

勝負を行うプレイヤーは、まず自分のカードをすべて表にします。このときにドクロがあれば勝負は失敗です。

自分のカードをめくったならば、今度は好きなプレイヤーを選び、そのプレイヤーの裏向きになっているカードをめくります。

勝負を行うプレイヤーは、ビッドした数以上のバラのカードをめくらなければなりません。もし、途中で1枚でもドクロをめくってしまったならば勝負は失敗です。

失敗した場合、カードを1枚失ってしまいます。
そのとき、自分のカードをめくって失敗したならば、自分で捨てるカードを選ぶことができます。誰かのドクロを引いてしまったならば、そのプレイヤーがランダムで捨てるカードを1枚を選びます。

これを繰り返し、2回勝負に勝ったプレイヤーの勝利です。

髑髏と薔薇の感想

シンプルなルールで盛り上がる定番のゲームです。
それでいながら、手軽にブラフのやりあいを楽しむことができます。

ポイントは、勝負をする際に必ず自分のカードをすべてめくらなければならないというところです。

このルールのため、相手にドクロを引かせることばかりを考えていると、自分が勝負に出ることができません。かといって、バラばかり置いていると誰かに勝たれてしまいます。

「どこで勝負に出るか」という見極めが重要なゲームです。

どんな相手とやっても盛り上がりますが、できれば人数は多い方がいいですね。
何十回とやっているので、自分が所有しているものは、もうだいぶ剥げてしまっています。

先にも述べたように髑髏と薔薇は、現在スカルという名前で販売されています。
さらに赤い箱の髑髏と薔薇もあり、3箱を合わせることで18人まで一緒に遊ぶことができます。

さすがにそんな人数でやったら、ブラフも何もなくなりそうですね(笑)

ボードゲームが安い「駿河屋」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)