ボードゲーム

[ボードゲーム] ワンモーニング人狼 紹介

ワンモーニング人狼は司会不要で3人から遊べる人狼ゲームです。名前の通り一朝で終わるのが特徴で、1ゲーム数分で遊ぶことができます。

ワンモーニング人狼について

人数に応じて使用枚数が変わります。

たとえば5人で遊ぶ場合、8枚のカードを使用します。

各プレイヤーに1枚ずつカードを配り、あまりは裏向きのままテーブル中央に置いておきます。

渡されたカードの中身を確認したらゲーム開始です。
一般的な人狼ゲームや正体隠匿ゲームのような夜の処理はありません。

ワンモーニング人狼では議論中に役職をCO(カミングアウト)することで能力を使用することができます。

れいばいし あまっているカードを1枚めくって公開します。
ごえい 能力をCOした人のカードを自分だけが確認します。
うらないし 能力をCOしていない人のカードを自分だけが確認します。

このとき、「おおかみ」や「きょうじん」は上記の能力を騙って使用することができます。ただし、むらびとは能力を騙ることができません。

一定の議論時間が終了したら一斉に指さし投票を行い、もっとも得票した人が追放されます。最多が複数いる場合は全員が追放されます。全員に1票ずつ入ったら追放者なしです。

勝利条件
  • おおかみチーム … おおかみが1人も追放されず、きつねが場に残っていない。
  • むらびとチーム … おおかみ1人を追放して、きつねが場に残っていない。
  • きつねチーム … 誰にもカードを見られず、追放もされず、うらないしに投票されていない。

この他に、人にカードを見られると追加勝利できる「ろしつきょう」などの役職があります。

手軽に遊べる人狼ゲーム

ボードゲームのワンモーニング人狼

少人数から遊べて、司会(GM)も必要ないので、かなり遊びやすい人狼ゲームです。
ちなみに1セットで13人まで遊ぶことができます。

夜時間がないというのが特徴の1つで、このため人狼も誰が味方なのかを確認することができません。また、占いなどでカードを確認することもないので、全員が目をつぶって待っている時間もありません。「あの役職忘れてた」という心配もないので初心者にも優しいです。

相手のカードを議論中に確認するという強力な能力がありますが、見られることで勝つ役職もあるため「おっと、ちょっと待てよ……」というためらいが生まれます。

能力を使うためにどんどん積極的にCOしていくので、議論の展開も早いです。

コンポーネントのカードがプラスチックの牛乳瓶型なので、場所を問わずに遊びやすいのもいいですね。

1ゲーム数分で終わるので、ゲームとゲームの合間に遊ぶのにもちょうどいいです。

少人数から数分で気軽に遊べる人狼ゲームです。
5人で正体隠匿ゲームを遊ぼう人狼ゲームに代表される正体隠匿ゲームは、人数が多くないと遊べないものが多いです。けれども、大人数を集めるのは大変ですし、それなりのスペー...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。