ボードゲーム

[ボードゲーム] 5-Minute Dungeon 紹介

5-Minute Dungeon(ファイブミニッツダンジョン)は、2~5人用のリアルタイム協力型ゲームです。プレイヤーは時間内にダンジョンを踏破して、ボスを倒すことを目指します。

5-Minute Dungeon(ファイブミニッツダンジョン)について

各プレイヤーは個人ボードとそれに対応するデッキを受け取ります。デッキには、剣(赤)や盾(黄)、ジャンプ(紫)、矢(緑)、巻物(青)といった5種類のアイコンとテキスト効果が書かれています。テキスト効果は共通の効果もあれば、そのデッキ特有のものもあります。

ダンジョンにつき5分の制限時間が設定されており、専用アプリで計測することができます。

やることはとてもシンプルです。

ダンジョンの山札をめくるとモンスターや障害物、人物といったカードが出てきます。それらのカードには先ほどの5種類のアイコンが描かれているため、対応するアイコンのカードを捨てると突破です。

手番などの概念はなく、持っている人からどんどんカードを出すことができます。ただし、たとえカードを出しすぎたとしても、手元に戻すことはできません。そのため、多くカードを出しすぎるとデッキが枯れてカードが足りなくなってしまいます。

ダンジョンの山札がなくなると、下にいるボスが登場します。ボスにもたくさんのアイコンが描かれているため、その分のカードがしっかり出せればクリアです。カードが足りなければゲームオーバーです。

ボスは5種類用意されており、後半にいくについれ山札の数が増え、必要なアイコンも多くなります。

慌ただしいダンジョン探検

ダンジョンをクリアする度にデッキを元に戻す必要があるのですが、この戻す作業に時間がかかります(笑)カードがテーブル中に散乱しているため、毎回それを集め、種類ごとに分けなければなりません。

協力ゲームだと、特定のプレイヤーがみんなに指示を出す奉行問題がよく起こりますが、このゲームではみんながみんな忙しいため、そういった暇がありません。そもそも誰が何のカードを持っているかも分からないため、指示の出しようがないです。

ダンジョンの中にはイベントカードも入っており、せっかく強力なカードを抱えていても捨てさせられてしまいます。

また、カードの中には特定のプレイヤーに効果をもたらすものもあるため、
「○○さん、カード2枚引いて!」
「はい!」
「次、わたしモンスター倒します!」
「お願い!」
といった感じで、スポーツのような一体感が出てきます。

いろいろなメンバーで遊んでみましたが、とても盛り上がるゲームです。ただ、どのメンバーでもラスボスまで倒せたので、もっと難易度が高くてもいいかもしれませんね。

拡張がでるようなので、それに期待です。

ボードゲームが安い「駿河屋」

ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。