ボードゲーム

[ボードゲーム] アルカトラズ 紹介

Alcatraz: The Scapegoat

アルカトラズ:スケープゴートはアルカトラズからの脱出を目指す3~4人用のゲームです。途中までは協力ゲームなのですが、脱出の際、必ず1人は取り残されてしまいます。

アルカトラズ(Alcatraz)について

タイルを組み合わせて縦3×横4のマップを作ります。配置場所はランダムに決めることができます。各タイルで行えるアクションはアイコンで表示されています。

各ラウンドは3つのフェイズに分かれています。
終了条件を満たすまで、ラウンドを繰り返します。

1.新しい看守の配置

山札からめくられたカードにより、いずれかのタイル上に新しい看守コマが置かれます。看守コマの数により、アクションを実行する際に追加コストが必要になったり、アクションができなくなったり、そのタイルに入ることができなくなったりします。

2.スケープゴートの選出

投票により、このラウンドのスケープゴート(生贄)を決めます。スケープゴートになると脱出条件を満たすことができなくなります。その代わりに特殊な効果を持つカードを使えたり、アクション数が増えたりします。

3.計画の実行

2回ずつアクションを行っていきます。

アクションの種類
  • 移動
  • タイルアクションの実行
  • 窃盗
  • 暴動
  • 計画を進める
  • アイテムを捨てる
  • 恐喝カードの実行

ゲームの終了

A~Fの準備がすべて揃えば脱出することができます。ただし、この準備は共有することができるため、複数人合わせてA~Fまでを満たせばOKです。この際、1人だけは必ず取り残されます。

看守が増えすぎると身動きが取れなくなるため、全員の敗北です。

ゲームの流れ

ボードゲームのアルカトラズ

計画は要求されたトークンを消費することで実行できます。そのため、タイル上を移動しつつ、トークンを集め、計画を実行していくのが基本の流れです。その際に、看守が増えてくると身動きが取りづらくなるため、暴動によって別な場所に呼び寄せたり、賄賂を支払ってアクションを行っていきます。

恐喝カードは強力な効果が多いですが、スケープゴートしか使えないのがポイントです。そのため、序盤はあえてスケープゴートごとになり、トークンを集めたり、相手の邪魔をしていき、脱出が見えてきたら誰かに押しつけるという流れになります。

裏切りがあるので遊ぶ人を選ぶ

ボードゲームのアルカトラズ

今回は3人で遊び、ルール説明からゲーム終了まで1時間ほどでした。

これは確実に遊ぶ人を選びますね。ゲーム後に遺恨が残るような人は向いていません。今回遊んだときも、ひとりが「こういうのはよくない」とハッキリと嫌悪感を抱いていました。(ちなみにこのとき取り残されたのはわたしです)

計画が実行できるかどうかはカードのめくりに左右されるため、運要素は強めです。そのため、「あいつを出し抜いてやろうぜ。へへへ」というよりかは「あ、揃った。じゃ脱出します?」といった感じです。

マップ用のタイルはランダム配置の上に、裏表があるため、リプレイ性は高そうですが、少なくともこちらでは何回も遊ばれるようなゲームではないですね。

アルカトラズ島はアメリカの島で、1963年まで連邦刑務所として使用されていました。そのため、ザ・ロック、監獄島などと呼ばれていました。

タイトル Alcatraz: The Scapegoat
発行年 2011年
プレイ人数 3~4人
プレイ時間 45~60分
デザイナー Rafał Cywicki, Krzysztof Cywicki, Krzysztof Hanusz
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。