[トランプ] 保皇(バオファン)

保皇(バオファン)はトランプを使った5人用ゲームです。大富豪+ナポレオンのようなゲームで、手札を早くなくすことを目指します。遊ぶのにはトランプが4組必要です。

保皇(バオファン)について

使用するカード

トランプ4組のうち、3・4・5は使用しません。また、区別ができるジョーカーが必要です。

10(枚)×4(スート)×4(組)+8(ジョーカー)で168枚のカードを使用します。

黒のジョーカーを小画、赤のジョーカーを大画と呼び、それぞれ1枚ずつにマジックなどで印をつけます。

印のついた小画を配られると警護官に、大画を配られると皇帝になります。プレイ中は普通の大画、小画として使われます。

カードの強さ

 大画 小画 2 A K Q 10 … 7 6 

ゲームの流れ

適当な方法でディーラーを決め、以降は反時計回りに交替します。

ディーラーがシャッフルをして、その右隣のプレイヤーがカットをします。カードを中央に置き、カットしたプレイヤーの右隣から1枚ずつカードを取っていきます。

これをカードがなくなるまで繰り返します。

皇帝と警護官

皇帝と警護官を配られたプレイヤーは同じチーム(保皇派)になります。残りのプレイヤーは平民として同じチームになります。

皇帝のプレイヤーは自分が皇帝だということを宣言しますが、警護官は公表してはいけません。

もし、皇帝を配られたプレイヤーが皇帝をやりたくなければ右隣に皇帝のカードを渡します。そのプレイヤーも同様に右隣に渡しても構いません。こうして元のプレイヤーに戻ってきた場合はその人が皇帝となります。

平民のプレイヤーは反乱を宣言することができます。反乱を宣言すると全員の得点が2倍になります。宣言があった場合、他の平民も同じように宣言することができますが、得点は変わりません。ただし、宣言することで誰が味方なのか明らかになります。

皇帝と警護官の両方を配られた場合、以下のいずれかを選択します。

1.何も宣言しないでそのままプレイ

警護官がいるかのように装い、1対4でプレイします。

2.プレイ前に両方持っていることを宣言。

1対4で戦い、全員の得点が2倍になります。

3.皇帝のカードを右隣に渡す。

その2人がチームになり、自分は警護官としてプレイします。

ゲームの流れ

皇帝からプレイを始め、以降は反時計回りです。

最初のカードの出し方は、

  • 好きな1枚
  • ジョーカー以外の同じ数字2枚以上の同時出し
  • ジョーカー以外の同じ数字2枚以上の同時出し+任意の数のジョーカー
  • 2枚以上のジョーカー

のいずれかです。

以降のプレイヤーは同じ組み合わせで、より強いカードしか出すことができません。

すべてのカードが強い必要があるので、7777小画小画と出された場合、8888大画大画のように出さなくてはなりません。

そのため、大画を組み合わせて出すと必ず勝ちます。

ソフトパスなので、自分以外の全員がパスするまで手番が回ってきます。

これを全員の手札がなくなるまで繰り返します。

ゲームの終了条件は特に規定されていないので、あらかじめラウンドか目標得点を決めておくといいでしょう。

得点

手札がなくなった順に2点、1点、0点、マイナス1点、マイナス2点が入ります。

上記の数字をチームごとに合計した得点が、各自に入ります。ただし、皇帝はその2倍の得点が入ります。

反乱の宣言があった場合、この得点が2倍になります。

皇帝が1対4で戦った場合は順位によって得点が変わります。

1位:皇帝が12点、他のプレイヤーはマイナス3点。

2位:全員が0点。

3位以下:皇帝がマイナス12点、他のプレイヤーは3点。

皇帝の宣言があればこの得点が2倍になります。さらに反乱の宣言もあれば4倍になります。

上納

2ディール目からはカードが配られた直後に上納というカードの交換があります。

前回負けたチームは自分の手札の中のジョーカー以外のもっとも強いカードを裏向きでテーブル中央に出します。勝ったチームのプレイヤーはそのカードをどれか1枚取ります。

皇帝だったプレイヤーは負けた場合は2枚を置き、勝った場合は2枚を取ります。皇帝が1人でプレイしていた場合は置くのも取るのも4枚になります。

どちらのチームも0点だった場合、上納は起こりません。

て、手札が多い……

バオファンやる。 #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


手札が30枚以上あるので、配って、並べ替えるだけで結構な時間がかかります。もちろん普通のカードスタンドには収まりませんし、手で持つのも大変です。

カードの出し方が同じ数字の同時出ししかないので、ティチューやキメラ、ハギスといったゴーアウト系よりも分かりやすいです。ボムのような特殊役もないので、大画を使えば即勝ちというのも潔いです。

今回は時間の関係で1ラウンドしかできなかったのですが、ずっと遊べるタイプのゲームですね。他のゲームではまず見られない「7の7枚出し」などもあり、なかなか変わったプレイ感です。

5人専用の上、トランプ4組を使うので、なかなかハードルが高いですが、ぜひ試して欲しいゲームです。わたしはこのために100均でトランプを買ってきて専用デッキを作りました(笑)

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)