トランプ

[トランプ] ボヘミアン・シュナイダー

ボヘミアン・シュナイダーはトランプを使った2人用のトリックテイキングゲームです。手札6枚でスタートして、1トリックごとに山札からカードを補充します。相手が出したカードの1つ上の数字でしか勝つことができないのが特徴です。

ボヘミアン・シュナイダーについて

使用するカード

通常のトランプから2~6を除いた32枚。
ジョーカーは使用しません。

カードの強さ

 A K Q J 10 9 8 7 

ゲームの流れ

親と子に6枚ずつカードを配ります。残りは山札です。

リードは子から行います。

親はそのカードのよりも1だけ強いカードを出せばトリックを獲得します。
それが出せなければ子の勝ちです。

スートありのルールとなしのルールがあるのですが、なしの方が遊びやすいと思います。

トリックに勝った方から山札からカードを1枚ずつ補充します。
山札がなくなったら残りの手札だけでプレイを続けます。

次のリードはトリックに勝った方が行います。

手札がなくなるとラウンド終了です。

獲得したカードのポイントを合計して、120ポイント中、61ポイント以上取った方の勝利です。

A 11点
K 4点
Q 3点
J 2点
10 10点
7~9 0点

さらに91点以上を取れば2ゲーム分の勝利点を獲得します。(シュナイダー)
120点を獲得すれば3ゲーム分の勝利点を獲得します。(シュワルツ)

これを繰り返して、あらかじめ決めておいた勝利点に達したプレイヤーの勝利です。

どのカードを捨ててどのカードを残すか

トランプのボヘミアンシュナイダー

相手よりも1強いカードしか勝てないという独特なルールです。

スートありだと、なかなか厳しいので単純に1大きければ勝ちというルールの方が遊びやすいと思います。

10のカードが10点というところがキモで、それに勝つためにはJをキープしておかなければなりません。ただしJ自体は得点が低いので、相手に渡しておきたいという悩ましさがあります。

いくつかヴァリアントがあり、カードポイントではなく、A・K・Q・J・10の獲得枚数を競うルールもあります。この場合、20枚中の11枚以上を獲得すれば勝利です。16枚以上でシュナイダー、20枚でシュワルツになります。

得点計算がないので、繰り返し遊ぶ場合はこちらの方が楽そうです。

また、Aが7に負けるといったヴァリエーションもあります。

ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。