ボードゲーム

[ボードゲーム] ガニメデ 紹介

ガニメデは自分の宇宙船に入植者を乗せて火星を目指す2~4人用のゲームです。同じ種類のタイルやカードを取ると効果が強力になっていくため、宝石の煌きのような拡大していくゲームが好きな人にオススメです。

ガニメデについて

各プレイヤーは個人ボードを受け取ります。
個人ボードの上部には入植者タイル、下部にはシャトルカードを置きます。

ボードにはアクションサマリーと地球、火星、ガニメデのイラスト、評価トラックが描かれています。

場に入植者タイル、シャトルカードを並べます。

手番では以下の3つのアクションのうち、1つを実行します。

入植者タイルの選択

場に並んでいる入植者タイルを獲得して、自分のボード上部に置き、効果を実行します。このとき同じアイコンのタイルがあると効果が倍増します。たとえば、ミープルをもらうアクションなら、もらえる個数が増えます。

獲得したミープルは地球に置きます。

入植者タイルは3つまで持つことができ、さらに手に入れる場合はどれかと交換して配置します。

シャトルによる入植

シャトルカードを獲得して、ミープルを入植させます。カードによっては追加効果が描かれているものもあります。

この際も同じアイコンのカードを持っていると効果がパワーアップします。

入植者タイルを捨ててアクションの実行

自分が所有している入植者タイルを1~3枚捨てて、その分だけアクションを実行します。

できるアクションは5種類あり、ボードにアイコンが描かれています。

アクションの中には評価トラックを進めるものがあります。評価トラックはゲーム終了時の得点になる上、途中でボーナスがもらえます。

これを繰り返していき、以下のいずれの条件を満たしたら、そのラウンドを最後まで行いゲーム終了です。

  • 誰かが4つ目の入植者シャトルを発射した。
  • 2つのシャトルカードの山札のうち、どちらかがなくなった。

最終得点計算を行い、もっとも得点が多いプレイヤーの勝利です。

だんだんと出来ることが派手に

ボードゲームのガニメデ

言語依存などはなく、効果はすべてアイコンで描かれています。それほど種類もないので、最初にざっと説明すれば問題なく遊べます。

基本的な流れは入植者であるミープルを獲得するか、獲得したミープルを進めるかで、それをどんどん繰り返していき終了条件達成を目指します。

同じアイコンのタイルやカードを取ると、効果が拡大していくので、それによりできることがどんどん派手になっていきます。

自分の望んでいる色が上手く手に入ったときは、一気に状況が変わるため気持ちがいいです。

今回は4人プレイで、ルール説明からゲーム終了まで1時間もかかりませんでした。要素がコンパクトにまとまっているので、プレイ時間の割りにしっかりボードゲームをした感覚があります。

独特なイラストや4色ある小さいミープルなど、コンポーネントも凝っていていいですね。

宝石の煌きのような拡大していくゲームが好きな人にオススメ。
[ボードゲーム] 宝石の煌き:都市 紹介宝石の煌き:都市は、宝石の煌きの拡張セットです。ボードゲームの拡張はどんどん要素を増やしていく傾向にありますが、こちらは4種類の拡張が独...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。