ボードゲーム

[ボードゲーム] 190407 ベルラッティ、テオティワカンなど

いつもは平日の夜に遊ぶことが多いメンバーでめずらしく日曜の午前から遊びました。最初は4人だったのですが、2人は用事があって抜けたて、それからは2人用のゲームをいくつか遊びました。

ベルラッティ

ボードゲームのベルラッティ

イラストを使って行うチーム戦の協力型連想ゲームです。

お題のイラストカードが2枚あり、片方のチームはそれに関連するようなイラストを手札から伏せて出します。そこに山札からランダムにカードを加え、すべてをシャッフルし、誰がどのカードを出したのか分からなくします。

もう一方のチームはどのイラストが、どのお題に対して出されたものかを予想します。

このとき、山札のカードをめくってしまうとベルラッティの得点になります。ベルラッティが6枚のカードを獲得してしまうとそこでゲーム終了です。

ゲーム終了までにどれだけお題に正解するかで評価が決まります。

ヒントなしでイラストを選ぶので、かなり難易度は高いです。

終わってからそのカードを選んだ理由を聞いて「なるほど」と思うか、「そんなの分かるはずない!」でフィーリングが合う合わないが分かります(笑)

ランダムで選んでいるはずのベルラッティのカードが妙にお題に合っていたりするのも曲者ですね。

テオティワカン

ツォルキン三部作の二作目にあたるゲームです。

基本的には8つあるアクションスペースを何周もするだけなのですが、資源を集めたり、建物を建てたり、ピラミッドを建造したりと、やるべきことは盛りだくさんです。

その分、処理も多く、うっかり忘れてしまうことが多いです。

立体的なピラミッドやコンポーネントの雰囲気はいいのですが、ちょっと要素が多いかなという印象でした。ひとつひとつで見ればそれほど複雑ではないのですが、こう量が多いと処理のし忘れが増えますね。

「これのときはこれが上がる」というのが直感的に分かりづらいのが原因かもしれません。

ペーターと2匹の牧羊犬

ボードゲームのペーターと2匹の牧羊犬

2人用のトリックテイキングですが、カードではなく動物コマを使用します。

羊、豚、牛、狼の4種類の動物がいて、それぞれに1~7までの数字が割り当てられています。

ついたてを使って自分の手札を隠します。

さらに4つの区画と2つのゴール柵を作ります。

マストフォローのトリックテイキングですが、勝敗は数の大小で決まります。そのため、フォローできていなくても数字が大きい方が勝ちます。

獲得したコマを区画と柵に対して、マンカラの要領で順番に1つ1つ入れていきます。

これを繰り返し、5トリック目が終わったら春の得点計算があります。

さらにゲームを続けて、手札がなくなると夏の得点計算があります。このとき、春の得点を上回っていないとペナルティがあります。

トリックテイキング+マンカラという独特な組み合わせで、最初はかなり理解に苦労しました。やっていくうちにだんだんと動き方が分かってきて「ああ、こういうことをさせたいのか」と理解が追いついてきました。

他にはない、かなり特殊なトリックテイキングですね。

森の中のキツネ

カードゲームの森の中のキツネ

こちらも2人用のトリックテイキングです。

カードにテキスト効果があるのが特徴です。3スートあり、1~11までのカードがあるのですが、奇数カードにテキスト効果がついています。切札スートが変わったり、山札からカードを引いたりと、めずらしい効果があります。

このゲームのポイントはトリックを取り過ぎてもダメだし、中途半端でもダメというところです。そのため、どちらかが高得点を取ると、必ず相手は高得点を取れなくなる仕掛けになっています。

「勝ちたくないのに勝ってしまう」というトリックテイキングならではの事態がよく起こるので、2人用トリックテイキングとしてオススメです。

[ボードゲーム] ベルラッティ 紹介ベルラッティはお題のイラストに対して関係性がありそうなイラストを出して、どれを選んだのかを当ててもらう3~7人用のゲームです。プレイヤー...
[ボードゲーム] テオティワカン:シティオブゴッズ 紹介テオティワカンは労働者を率いてピラミッドの建造を行う1~4人用のゲームです。8箇所のアクションエリアを移動させて、資材を集め、ピラミッド...
[ボードゲーム] The Fox in the Forest 紹介The Fox in the Forestは2人用のトリックテイキングゲームです。テキスト効果があるトリックテイキングで、勝ちすぎると得...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。