[ボードゲーム] ブロックスシリーズについて

ブロックスはテトリスに登場するようなピースを順番に置いていき、より多くのピースをおいた方が勝ちというボードゲームです。人気作品のため、いくつかのシリーズが出ています。

ブロックス

日本テレビのガキ使(ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!)でも遊ばれていたゲームです。

4色のピースがあり、1人が1色を担当します。

ピースは1~5マスのものがあり、全員が同じ構成になっています。

最初は、ボードの角に好きなピースを1つ配置します。以降は時計回りで1つ1つピースを置いていくのですが、すでに配置している自分の色のピースと角と角が接するように置かなければなりません。

接して良いのは角だけで、辺が接するのはダメです。
ただし、他のプレイヤーのピースと辺が接するのは構いません。

これを順番に繰り返していき、置けなくなったプレイヤーから脱落していきます。

全員が置けなくなったら、残ったピースのマス数がもっとも少ないプレイヤーの勝利です。

2~4人で遊ぶことができますが、4人で遊ぶのが基本です。シンプルなルールですが、運要素が一切ないため、実力差がでやすいゲームでもあります。

ブロックス トライゴン

マスが三角形になったブロックスです。

ルールは同じなのですが、ピースが三角形の組み合わせなので、慣れるまではどれがどこに置けるのかが分かりづらいです。

通常のブロックスとの大きな違いは3人でも4人でも同じルールで遊べるという点です。ブロックスを3人で遊ぶ場合、1色がダミープレイヤーになりましたが、トライゴンでは使用するボードの広さが変わり、3色で遊ぶことができます。

3人でも4人でも同じように遊べるというのが大きな特徴です。

ブロックス デュオ

2人用のブロックスです。

スタート地点こそ違うものの、ルールは同じです。

2人用のため、ボードは小さくなりましたが、ピースは同じなので、ブロックスに慣れている人ならば問題なく遊ぶことができます。

いかに相手に置かせないかの妨害が重要です。これもはっきり実力差がでるため、経験差があるプレイヤー同士で遊ぶ場合は注意です。実力が拮抗してくると引き分けになることも多いです。

おでかけブロックス

こちらも2人用で、デュオとルールは同じです。

ストックのピースもすべてボードにはまるようになっています。(取り外し式の置くためのボードがあります)そのため、タイトル通り、旅先などでもピースを落とす心配なく遊ぶことができます。

ぴったりハマる作りになっているので、場合によってはハマりすぎて取りづらいこともあります。

旅先で購入して、電車の中で12連戦した思い出があります。

ブロックス3D

立体のピースを積み上げていくゲームです。

ブロックスという名前ですが、プレイ感はだいぶ違います。

1人ずつ順番にピースを置いていくのですが、必ず自分のピースと接するように置いていきます。置く際に高さの制限があります。

これを繰り返していき、全員が置けなくなったらボードを真上から見ます。真上から見たときに見えるマス数が多い人の勝ちです。置けずに残ったピースはマイナス点になります。

もともとはルミ(Rumis)という別タイトルのゲームです。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。