ボードゲーム

[ボードゲーム] カートグラファー 紹介

Cartographers

カートグラファー(CARTOGRAPHERS)は地図製作者として、国土を調査して地図を完成させていく紙ペンゲームです。用紙さえあれば何人でも同時に遊ぶことができます。

ダイスでキャラクターを完成させるロールプレイヤーと同じ世界観になっているため「もうひとつのロールプレイヤー物語」というサブタイトルがついています。

カートグラファーについて

各プレイヤーにマップシートとペンを配ります。

カートグラファーには春、夏、秋、冬の全4ラウンドがあります。
各季節の終了時に得点計算があります。

A~Dのカードの下にそれぞれ得点カードを置きます。季節カードにはAB、BCといった感じでアルファベットが2つ書かれており、それに対応した得点カードを使って得点計算を行います。

ゲームは探索カードをめくり、マップシートに書き込むを繰り返します。

探索カードには森、川、農場、村のいずれかの地形と形が書かれています。2種類の地形が書いてある場合はどちらを選んでも構いません。形は反転させてもOKです。

地形を確認したらそれをマップシートに書き込みます。

このとき、シートに書かれている山を囲むとコインを1枚獲得します。コインは得点計算時に1枚1点になります。

モンスターの出現

探索カードの中にはモンスターカードがあります。

モンスターカードが出た場合、右隣か左隣(どちらに渡すかはカードに書かれています)にシートを渡して、隣の人に地形を書いてもらいます。モンスターの地形は単純に邪魔になる上に、隣接する空白のマスが1マス、マイナス1点になってしまいます。

ラウンドの終了

探索カードの左上に書かれた数字の合計が、季節カードの数字以上になるとラウンド終了です。そのときの得点カードに応じて得点計算を行います。

ゲームの終了

春、夏、秋、冬の4ラウンドが終わるとゲーム終了です。

各季節の得点を合計して、もっとも得点が多いプレイヤーの勝利です。

インタラクションが強い紙ペンゲーム

ボードゲームのカートグラファー

紙ペンゲームはソロプレイ感が強いものがほとんどですが、カートグラファーは隣の人のシートに書き込むため、インタラクションが強いです。

せっかく計画立てて書き込んできたものが妨害されたり、マイナスを消しづらいところにモンスターを置かれたりと、お互いに嫌な気持ちになります(笑)

やること自体はシンプルなのですが、得点カードが若干ややこしいのでゲーム開始時によく確認しておいた方がよさそうです。

今回は6人で遊び、ルール説明からプレイ終了まで1時間ほどでした。

持ち主の方がラミネートされていたので、そこにさまざまな色を使って書き込むことができました。(通常は黒1色です)こうした方が見た目も賑やかでいいですね。

得点カードが16枚あり、そのうち4枚しか使用しないため、遊ぶたびに違った地図になります。得点カードの組み合わせによって、やることが変わってくるため、リプレイ性は高そうです。

得点カードはテキストで説明が書かれているので、言語依存はそれなりにあります。アークライトから日本語版が発売予定なので、気になる方はそちらを買われた方がいいかもしれませんね。

タイトル Cartographers: A Roll Player Tale
発行年 2019年
プレイ人数 1~100人
プレイ時間 30~45分
デザイナー Jordy Adan
[ボードゲーム] Welcome to... 紹介Welcome to...(××へようこそ)は、個人シートに数字を書き込んでいくことで、住宅を建設していくゲームです。全員が同じ3択から...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。