ボードゲーム

[ボードゲーム] Town Builder : Coevorden 紹介

town builder:coevorden

Town Builder : Coevorden(タウンビルダー:クーフォルデン)は資源を集めて建物を建てていく1~4人用のカードゲームです。1枚のカードに建物と資源、2種類の使い途があるのが特徴です。

Coevordenはオランダの市で、クフォルデン、クーバーデン、クーヴォルデンなどとも表記されます。

Town Builder : Coevordenについて

タウンカードをシャッフルして山札を作ります。上から5枚をめくり、場札として表向きに並べます。ジャッジカードをシャッフルして3枚引きます。ジャッジカードは終了時得点になりますが、どのタイミングで公開されるかはプレイ人数によって異なります。

褒賞カードをシャッフルして2枚引き、表向きで並べます。こちらはゲーム中に条件を満たすことで獲得することができます。

各プレイヤーにクレストカードを配ります。1枚にファーストプレイヤーと書かれているので、それを受け取った人からゲームを始めます。

ゲームは規定の回数山札がなくなると終了します。

手番開始時に、まずタウンカードが5枚になるように山札から補充します。もしデッキがなくなった場合は捨札をシャッフルして新たな山札を作ります。

カードは建物か、資源・お金として使用します。後者の場合、逆さまにしてカードを獲得します。

アクションは以下のどれかを2回行います。2回とも同じアクションでも構いません。

土台の開始

列からカードを土台として取り、横向きにして置きます。
カードのコストにゴールドがある場合、それを支払わなくてはなりません。

ゴールドの貯蔵

列からカードをゴールドとして取ります。
その場合、クレストカードの下に置きます。

資源の獲得

列からカードを資源として取ります。
その場合、対応する土台の下に置きます。

必要なコストが集まったら土台を縦にして建物にします。
資源として使用したカードは捨札になります。

テキスト効果が書かれた建物は完成すると能力が使えるようになります。能力は即時起動、手番に1回、終了時得点と大きく3種類です。

完成した建物によって褒賞の条件を満たした場合、褒賞カードが獲得できます。他のプレイヤーも同じラウンドに条件を満たせば獲得することができます。

これを規定の回数デッキが枯れるまで繰り返します。
最終得点計算を行い、もっとも得点が高いプレイヤーの勝利です。

資源と建物どちらとして使うか

ボードゲームのタウンビルダー

奇をてらった要素がなく、初回からスムーズに遊ぶことができます。

ほとんどの建物はテキスト効果を持ちますが、そこまで難しい英語ではありません。また、手札がないので分からなくなったらいつでも聞くことができます。

カードは商業、公共、家屋、文化、軍事という5つのカテゴリーに分かれています。ジャッジは対応するカテゴリーでもっとも多くの建物を建てると獲得することができます。

今回は3人で遊んでみました。ルール説明からプレイ終了まで1時間ほどで、思ったよりもプレイ感は軽いです。3人だとデッキが2回枯れるまでやるので、1回目にカードの説明をしていけば2回目はだいぶスムーズに進みます。

やるべきことは分かりやすいですし、効果も多様なので好きな人が多そうなゲームです。ただ、各プレイヤーの前にどんどんカードが並んでいくので、それなりのスペースが必要になりますね。

相手が欲しそうなカードを資源として獲得してカットすることができるので、それなりにインタラクション性もあります。

ちなみにジャッジのイラストはクラウドファンディングで出資した人のイラストなので結構な違和感があります(笑)

気軽に遊べる建物建築カードゲームです。
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。