[トランプ] コンファメーション

コンファメーションはトランプを使った4人用のトリックテイキングゲームです。10枚のうち、最後に残った1枚に書かれた数だけトリックを取ることを目指します。一般的なビッドだと、ラウンド開始時に何トリック勝つかを決めますが、このゲームでは状況に応じて臨機応変に目標を変えることができます。

コンファメーションについて

使用するカード

通常のトランプから絵札(K、Q、J)を抜いた40枚。

カードの強さ

 10 9 8 … 2 A 

ゲームの流れ

ディーラーが1枚ずつカードを配りきります。各自の手札は10枚になります。

リードはディーラーが行います。ゲームは切り札なしのマストフォローのトリックテイキングです。一般的なトリックテイキング同様、トリックを獲得したプレイヤーが次のリードを行い、これを9トリック行います。そのため、最後の1枚が残ります。

コンファメーションでは、最後に残った1枚のランク(数字)が目標トリック数になります。そのため、最後まで残しておきたいカードはマストフォローを避けることができます。たとえば、ハートの4を残しておきたくて、他にハートがなかった場合は、それを公開して、別のカードを出すことができます。一旦出したカードはあとで変えることはできません。

9トリックが終わったら得点計算です。

  • 獲得したトリック1つ 1点
  • 獲得したトリック数と残った1枚の数字が同じ 10点
    ※ただし、公開している場合は5点

Aは1トリック、10は0トリックと見なします。

これを最初に決めたラウンド数繰り返し、合計点がもっとも多いプレイヤーの勝利です。

ゲーム中に目標を決めるめずらしさ

コンファメーションやってみる。

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


ゲーム中に目標を決めるというのがめずらしいです。

一般的なビッドだと、トリックが始まる前に目標を決めますが、このゲームの場合、ゲーム中に変えることができます。思ったより勝てなかったら目標を小さくし、逆に思ったより勝てるならば目標を大きくすることができます。

手札によっては微調整も可能で、たとえば2と3を残しておき、どちらにも対応できるようにしておくこともできます。

今回はディーラーを1回ずつの4ラウンドをやってみました。

1Rでは公開して成功、2、3Rは0トリックで成功、4Rでは1トリックで成功と、4Rすべてで予想が当たり、なかなか調子がよかったです。ダメかと思っても、「あれ?こっちでもいけるか?」となるのが新鮮です。

また、予想が外れてもトリック数がそのまま点数になるので、単純に取りまくっても、そこそこ戦えるのが面白いです。

一般的なビッドほどしばりがキツくなく、ルールも分かりやすいので、それほど慣れていない人にもオススメできます。もちろん慣れている人同士でも十分に楽しめるはずです。

参照:くぼた屋日記:コンファメーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。