ボードゲーム

[ボードゲーム] ビッグサンダーマウンテン 紹介

ビッグサンダーマウンテン(Disney Big Thunder Mountain Railroad)はディズーでおなじみアトラクションの舞台をモチーフとした2~4人用のゲームです。カードをプレイしてトロッコを進め、鉱山にある金塊や原石を掘り出していきます。

ビッグサンダーマウンテンについて

ボードゲームのビッグサンダーマウンテン

ゲームボードは立体になっており、頂上にある山を回すとビー玉が1つずつ落ちる仕組みになっています。行き先は7ヶ所に分かれており、その場所にトロッコで行けるようになっています。

山の裏側には町があり、そこで止まるとタウンアクションが行えます。

ビー玉は黄色(金塊)、茶色(原石)、青色(水)、赤色(運命)の4種類です。

6種類のアップグレードタイルをサプライとして置いておきます。他に共通の山札からカードを3枚めくり、公開して並べておきます。

各プレイヤーは同じ構成の初期手札と個人ボードを受け取ります。

ゲームは誰かが20点に到達するまで手番を繰り返します。20点に到達した人が出たら、他の人が一手番ずつ行ってゲーム終了です。

手番の流れ

自分の手番になったら以下の順番で処理を行います。

  1. ビー玉を3個流す
  2. カードのプレイ
  3. ドロー

1.ビー玉を3個流す

自分手番になったら山を回してビー玉を3個流します。

このとき赤いビー玉が出たら運命カードを1枚めくります。運命カードはさまざまな効果をもたらします。

2.カードのプレイ

手札のカードを1枚ずつ、好きなだけプレイします。

カードにはアイコンが描かれており、そのアクションを実行します。複数のアイコンがある場合は任意の順番で実行可能です。

3.ドロー

残った手札を任意の枚数捨て、4枚になるように自分の山札からドローします。山札が枯れたら捨て札をシャッフルして新たな山札を作ります。

アクションの種類

移動

自分のトロッコを数字分まで移動させます。

ピック

自分のトロッコがある場所から金塊か原石を1つ取り出します。ただし、そこに水があると取り出せません。

パン

自分のトロッコがある場所に水があれば金塊か原石を1つ取り出します。

水かき

自分のトロッコがある場所から水を1つ取り出し、1金を得ます。

再補給

公開されている3枚から好きな1枚を選び、自分の捨て札に加えます。

トンネル

ビー玉を1つ流し、それが入った場所に移動できます。

タウンアクション

町に止まったとき、以下の2つを行えます。

金塊・原石の売却

トロッコに乗っている金塊・原石を売却します。原石は1金または1点、金塊は2金または2点で売れます。

アップグレード・タウンシェアの購入

永続効果をもたらすアップグレードタイルか、タウンシェアを購入します。

タウンシェアは2金で1~3点です。(ランダムで非公開)

坑道をぐるぐる回るデッキ構築

ボドゲのビッグサンダーマウンテン

ディズニーのアトラクションをモチーフにしたデッキ構築です。

今回は3人で遊び、ルール説明からゲーム終了まで1時間半ほどでした。

トロッコを進め、金塊や原石を掘り、それを換金するのが主な流れです。その途中でアップグレードタイルを獲得したり、新しいカードでデッキを強化したりしていきます。

アップグレードタイルは2~4金で隣の場所からも掘れるといったものや手札が5枚になるものまでさまざまです。ただし、プレイ人数マイナス1枚しかないため、全員が同じタイルを持つことはできません。

アップグレードは3枚しか持てないため、どれを選ぶかよく考える必要があります。

今回わたしは「水があってもピックできる」「原石と金塊を同じ価値と見なす」「手札を5枚にする」の3枚で挑みました。順調に進んで、最初に20点に到達するものの、最後で明らかになるタウンシェアの合計で逆転されてしまいました。

わたしはタウンシェア8枚で11点、1位は3枚で8点だったので、カードの引き運に恵まれませんでしたね。

アップグレードには値段がついていますが、カードはすべて無料で獲得できます。そのため、良いタイミングで強力なカードが取れるかどうかも運要素が強いです。

それからビー玉の流れにくさも気になりました。回しても玉が入っていなかったり、玉があっても流れなかったりと、なかなか難ありでした。この辺りはコンポーネントによる個体差もありそうです。

盤面がコロコロ変わるタイプのゲームなので、なかなか思い通りにはいきません。やろうと思っていたことが自分の手番にはできなくなっていることもよくあります。

先々まで計画立てて遊ぶよりかは、運に任せてそのときどきの最善手を選んでいくタイプのゲームです。ほとんどのカードはアイコンだけで、言語依存もそこまでないため、デッキ構築の経験がなくても遊びやすいです。

ビー玉が山の上から転がってくるなど、見た目の雰囲気もいいです。

タイトル Disney Big Thunder Mountain Railroad
発行年 2022年
プレイ人数 2~4人
プレイ時間 45分
デザイナー Prospero Hall
BGGリンク Disney Big Thunder Mountain Railroad | BGG
ABOUT ME
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。