[ボードゲーム] 180625 マルシェ・ド・フランス、アンロック!

さっそく2回目のマルシェ・ド・フランスです。今回も4人ですが、メンバーは自分以外全員違います。その後、アンロック!シークレットアドベンチャーのノーサイド物語を遊びました。

マルシェ・ド・フランス

マルシェ・ド・フランス #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


先日遊んだばかりのマルシェ・ド・フランスを再び遊びました。

今回も4人プレイですが、自分以外は初なのでルール説明から入りました。遊んだばかりということもあり、ルール説明はスムーズにできました。

前回はタレントを取りまくるプレイだったのですが、今回は別のマネージャーを使って、マジョリティ重視でやってみることにしました。しっかり契約も完了しつつ、取れそうなマジョリティは全部からんでいきます。前回使わなかったコンセイユカードも使ってみました。

最終ラウンド、そのまま残しておくか、契約に使うかで迷いましたが、後手番のプレイヤーにマジョリティをつぶされそうな感じがしたので、契約で稼いでおきました。

ワーカープレイスメントでもそうですが、基本的にこういったゲームはアクション数が多い方が有利に働きます。アグリコラでも、いかに先に増員を済ますかというのはゲームの勝敗に関わる大きな要素です。

マルシェ・ド・フランスも手札上限が増えることで、1ラウンドに行えるアクションが増えるため、できるだけ増やしていくのが常套手段かと思ったのですが、今回は終了時まで上限を増やさないプレイヤーがいました。

わたしは手札上限4枚まで増やしたのですが、終わってみると3点差と、ほとんど差がつきませんでした。カードの引きによっては負けていましたね。

手札を増やさずとも勝負になると分かったため、まだまだいろんなやり方が見つかりそうです。

アンロック!シークレットアドベンチャー

アンロック! #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


せっかく持ってきてもらったのでシナリオを1つ遊びました。

3つのうち、もっとも難易度が低い、ノーサイド物語です。

この4人で、「アンロック!」「アンロック!ミステリーアドベンチャー」の両作品の全シナリオを解いているため、ノーサイド物語はそれほど苦戦しませんでした。

といっても終わってみると制限時間の60分を少し過ぎてしまっていました。

そこまでトリッキーな仕掛けもなく、こういった系のゲームを初めて遊ぶのにも、ちょうどいい難易度ですね。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。