[ボードゲーム] 180807 プログレス、ヒーローレルムズ

カードがメインの文明系ゲームのプログレスと対戦型デッキ構築のヒーローレルムズをプレイしました。

プログレス

プログレス #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


カードをプレイしていくことで文明を発展させていく1~5人用のゲームです。

スキルがあがることで、一手番に行えるアクション数、手札上限、引けるカード枚数が増えていきます。

テックツリーが用意されており、「これを建てているとこれを建てることができる」というつながりが、ずっと続いています。

効果自体は弱いものの、プレイしておくと後が楽になるカードなどもあり、どこを優先していくかでプレイングが変わってきます。

テキスト効果はなく、すべてアイコンで効果が分かるようになっています。

また、相手プレイヤーを攻撃する要素などもないので、邪魔されることなく、自分の文明を発展させることができます。

序盤は地ならしといった感じで、ほとんどアクションができません。アクション数は2で、カードを1枚プレイして、ドローして終わりといった感じなので、じわじわと展開していきます。

アクション数が増えてくると、選択肢が増え、カードをどの順番で出すのかを考える必要がでてきます。また、大きな得点源となるパワーボードの順位もしっかり見ておかなければなりません。

基本ルールでは時代3で終わりなのですが、拡張ルールだと時代4まで続きます。さらに人物カードやマイルストーンカードなどが増え、よりゲームが複雑になります。

決して派手な展開のゲームではありませんが、コツコツと積み重ねていくのが好きな人にオススメのゲームです。

ヒーローレルムズ

ヒーローレルムズ #boardgamejp

gokurakutenさん(@gokurakuten)がシェアした投稿 –


相手のライフを0にすることを目指すデッキ構築です。

10枚の初期デッキだけが決まっており、あとは山札からめくられるカードを購入して、デッキを作っていきます。

ゲームの流れは一般的なデッキ構築で、カードをプレイしてお金の分だけカードを購入、あとは攻撃値の分だけ相手にダメージといったことの繰り返しになります。購入したカードは捨札に入り、山札が切れたらシャッフルというお馴染みの流れなので、ドミニオンなどを遊んだことがあれば、すぐに遊ぶことができます。

テキスト効果もありますが、そこまで種類は多くなく、属性によってだいたい効果が決まっているので、初回でも戸惑うことはないです。山札からめくったときに効果を説明すればいいので、事前にすべてを確認するという準備も必要ありません。

どういうデッキになるかはめくり次第なので、遊ぶ度に違ったデッキになります。

カードをプレイするのにコストがかからないため、後半になると展開が派手になります。初期ライフ50に対して、20ダメージ以上与えたり、20以上回復したりするので、一発逆転も十分にあります。

1対1以外にも3人・4人のバトルロイヤル、2対2、3対3のチーム戦など、さまざまなルールがあり、これ1つあればいろいろ遊べるお得なゲームです。

ボードゲームが安い「駿河屋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ゴクラクテン

宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 最近は、いろいろなオープン会にも顔を出すようになりました。 他にマンガ、本、映画、ゲームなどについて記事を書いています。