ボードゲーム

[ボードゲーム] 葉隠(Hagakure)紹介

hagakure

葉隠(Hagakure)は3~5人用のトリックテイキングゲームです。青と赤の2スートですが、青はメイフォローで、赤はマストフォローという変わったルールです。さらに、そのときに出た枚数によって強さが変わるカードもあります。

葉隠(Hagakure)について

カードゲームの葉隠

2スートですが、数字は連続しています。1~17までが村人(青)で、18~27までが侍(赤)、さらに3枚の老翁(赤に属す)があります。プレイ人数によって使用する枚数が変わります。

各プレイヤーは5つの幟(のぼり)トークンを受け取ります。手札枚数はプレイ人数によって変わります。たとえば、4人の場合は手札4枚で、さらに4枚があまります。このあまった4枚を黄泉(よみ)のカードと呼びます。

スタートプレイヤーから順番に、このラウンドで使用する幟トークンを選びます。トークンはそれぞれ1度しか使えません。また、使用しなくてもOKです。トークンを使うと他のプレイヤーの手札を見ることができたり、黄泉のカードと手札を交換したり、得点が倍になったりします。

その後、スタートプレイヤーからカードを出していきます。

赤のカードはマストフォローなので、全員赤のカードを出す必要があります。青のカードはメイフォローなので、赤と青、どちらを出しても構いません。もっとも数字が高いカードを出したプレイヤーがトリックを獲得します。

トリック中、老翁が1枚だと0として扱い最弱です。2枚以上出た場合、最後に老翁を出したプレイヤーがトリックに勝ちます。

得点計算
  • 1トリック …… 1点
  • 獲得した18のカード …… 1点
  • 1トリックも取っていない …… マイナス2点

ゲームの終了

プレイ人数に応じた規定ラウンドを行うとゲーム終了です。

それまでの得点を合計して、もっとも得点が多いプレイヤーの勝利です。
同点の場合は追加でもう1ラウンド行います。

1ラウンドが短いトリックテイキング

カードゲームの葉隠

今回は4人で遊んでみました。ルール説明からプレイ終了まで40分ほどです。4人の場合、手札4枚で、8ラウンド行います。

スートやフォローの有無があるため、トリックテイキングといって差し支えないのですが、実際に遊んでみると「トリックテイキングらしさ」は薄いです。翁の存在により、最強のカードでも勝てるとは限らないため、先を読むのが難しいです。

特徴は幟トークンです。

幟トークンは各自5種類ずつ持っていて、好きなラウンドで使用することができます。たとえば、手札が弱い場合は「そのラウンド0点になる」を使えば、しのぐことができます。逆に手札が強い場合は「そのラウンドの得点が2倍」を使えば、大きく得点できる可能性が出てきます。

幟トークンをいつ使うかがポイントの1つなのですが、そうはいってもコントロールがほとんど効かないため、思い通りに勝つのは難しいです。

最終ラウンドまでやってみましたが、トリックテイキング風のカードゲームをしているという印象が強かったです。トリックテイキングらしさを求めないならば、普通に楽しめそうです。

タイトル Hagakure
発行年 2020年
プレイ人数 3~5人
プレイ時間 25分
デザイナー Frank Crittin, Grégoire Largey
変わり種トリックテイキングゲーム10選トリックテイキングゲームには、さまざまな種類があります。トランプを使ったものから、独自カードのまで種類豊富ですが、今回はその中でも特に個...
ABOUT ME
ゴクラクテン
ゴクラクテン
宮城県石巻市在住。 ボードゲームが好きで平日夜や週末に遊んでいます。 たまにオープン会に行ったり、ボードゲームカフェで遊んだりもしています。